わろてんか 12/2(土) 仲間たちの心づくしの初節句で、てんと藤吉は仲直り

ダイジェストをスキップする

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

ダイジェスト

寺ギンが風鳥亭にやってきて、てんたちに風太を紹介したが、キースたち風鳥亭の人々は、寺ギンを待たせたまま隼也のために初節句のお祝いをする。

てんと藤吉は、自分たちの不仲のために心配をかけたことに詫び、本心をきちんと言い合って仲直りした。

藤吉は、集金してすぐ帰ろうとする寺ギンに、2件目の寄席にも芸人を派遣してもらうから利益配分を5:5にしてくれと言うが、風太はそれを拒否した。

憤慨するおトキとてんの前で風太は、藤岡屋を辞めると宣言した。

寄席の数が増えたことを祝う芸人たち。藤吉とてんは遅まきながら隼也の初節句を祝い、これからもっと寄席を増やそうと語り合う。

感想

寺ギンたちを待たせたままで、節句祝い

寺ギンは、風太を身内として紹介しました。
『なんで風太が寺ギンさんとこに…』
『なんや、お前ら知り合いか?』

てんもおトキも、驚きのあまり何もいえない。藤吉も、寺ギンも少し驚いていますが、

突然キースが「あの、お取り込み中すんません。こっちはそれどころやないんやけどな」と中断し『ちょっとした趣向を見て欲しい』と、藤吉とてんを店内に連れていき、初節句祝いの俄芝居を見せます。その間、寺ギンと風太は店先で待たされてます。

…なぜこのタイミングで俄芝居を?なぜ寺ギンを待たせたまま?内輪のお祝いなんだから、寺ギンが帰ってからしたほうがいいに決まってます。一刻を争ってやらなければならない理由は何もないですよね? 岩男さんやリリコが待ちくたびれるだけで。

…『こっちはそれどころではない』というキースの言葉も失礼やなぁ。いつもみたいに大声でないのは良かったけど。

…このおかしな流れ、制作陣はあえてやってますね。なぜ?

たかが夫婦げんかなのに…

寄席の高座には金屏風。りっぱな武者人形が飾られています。
てんと藤吉が近くで見てみると、人形が立ち上がってびっくり。中身は岩男さんでした。
『藤吉さん、おてんさまも、あの時の言葉を思い出してください。いまここでお互いホンマの気持ちをぶつけおうて仲直りしとくれやす』とおトキ。

みんなを心配させたことを反省したてんと藤吉は、向き合って本心をきちんといいます。藤吉は、焦るあまり勇み足だったと、てんに詫びて「もういっぺん、家族三人でやり直させてもらえへんか?」、てんも「愚痴は溜めず言いましょう」「日本一の席主に…(以下略)」ということで仲直りしました。良かった良かったと喜ぶ一同。

…ええっ…感動シーンみたいに見せてますけど、ものすご~くヘンです!たかが夫婦げんかのために、従業員がこんなサプライズを用意するの?

…しかも全然面白くない。

…夫婦喧嘩して2,3日口を聞かなかっただけですよ?通訳もいたし寄席経営に支障がおこったわけでもないのに。放っておけば一週間くらいで自然に消えるようなことなのに。

…藤吉の「もういっぺん家族三人でやり直させてもらえへんか」なんて大げさな。二年前に出ていった妻子に言うのなら納得ですけど

なぜ寺ギンを待たせたまま?

寺ギンが「いつまで待たせんねん」と叫び。やはり『寺ギンを待たせたままで俄芝居サプライズ』という不自然な進行、あえてやってますね。

寺ギンは明細書とお金を受け取ったら用事は終わり。藤吉は取り分の交渉をしたいようですけど。やっぱり、寺ギンを待たせておく意味がわからない。

豹変する風太。でも何か考えはありそう

藤吉は、寄席が増えたのだから利益の取り分を5:5にしてくれと交渉しますが、風太に断られてしまいました。「変える必要はない、いやなら他を探せ」とのこと。「あんた、どっちの味方やねん!」と怒るおトキ。

風太はてんとおトキの前で、藤岡屋を辞めようと思ってる、分家の話も断る。大阪は面白い、俺も新しいことをしたい。とハッキリ言いました。

「後悔しても知らんえ」てんが言いましたけど…びっくりやわ、あんたがそれ言うの?

…豹変した風太ですが、何か考えがありますね。そこは伝わる。

…でも、結婚して子供も産んだ女性にそこまで執心するとは行き過ぎです。風太も所帯を持ち、てんのことは(内心はともかく)生涯の友として接するのであればいいですが。明治の男性なら『無法松の一生』の松五郎みたいな純情な人もいたかも知れない。でも風太にそこまでの素質は感じないですしねぇ。

寄席を増やしても芸人どうするの

寄席が増えるということでお祝いの宴会が開かれてますが、京都から戻ってきた万丈目さんを囲んでの茶番。

「なんで大阪帰ってきたんや」「歌子さんが恋しなったんやろ」「鬼嫁は一生あきひん言うてな」「まぁまぁ今日はめでたい席で…」

…あれ?万丈目さんが風鳥亭を辞めるような話、出てないですよ?人気ものだから、京都の寄席からも呼ばれたけど。

藤吉・てん・隼也の三人でごはんを食べ「三人で食べる飯はうまいな」「寄席を3件4件と増やしていかんとな」「ますます忙しゅうなりますな」

芸人はどうするねん?寄席の箱のことばかり言わずに、中身のこと考えて。芸人を調達することばかり言わずに、育てることを考えて~。

スポンサーリンク

あとがき

寺ギンを待たせたままでの内輪のお祝いが不自然すぎて、そのことにビックリしてるうちに終わった15分間でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!