わろてんか 10/30(月) 北村屋の危機の中、万丈目吉蔵&キースと再会する藤吉

ダイジェストをスキップする

ダイジェスト

北村屋が多額の借金を抱えていることを知った藤吉は、自分がこの借金を返済して店を建て直すことができたら、てんとの結婚を認めてほしいと言った。

そんな中、北村屋の番頭が急に店を去ることになった。天野屋さんの婿養子になるというのだ。啄子はその場で大金を包み、長年の苦労をねぎらって番頭に渡した。

藤吉が借金の理由を問い詰めると、啄子はついに明かした。それは藤吉の父がおなごにうつつを抜かして作った借金で、啄子が少しずつ返して来たものだった。

このことを知った藤吉は真剣に新しい取引先の開拓を始めるが、町で昔の芸人仲間の万丈目(藤井隆)とキース(大野拓朗)に出会った。

感想

藤吉がいままでになく真剣に働きはじめますが、悪い予感しかしませんねえ。

多額の借金の理由を言わない啄子さん

藤吉は、店の帳簿を啄子さんに見せ「えらい借金やないか!何に使こうたんや!」と問い詰めましたが、啄子さんは「あんたには関係ない」と言い理由を話そうとしません。

藤吉も藤吉で、「よう分かった」「俺がなんとか店立て直したら、おてんちゃんを嫁と認めて欲しい」と言って立ち去ります。

この親子、もっときちんと話をしないとダメですよね。
啄子さん、「あんたには関係ない」って言いましたけど、店の経営状態が店の若旦那に関係ないはずないでしょ。藤吉も、すぐキレて「よう分かった!」で済ましてしまうから、いつまで経っても歩み寄れないんです。

それに「店を建て直したら、おてんちゃんを嫁と認めて欲しい」、今こんなこと言わんでもええのになぁ。一生懸命借金を返して店のため働く姿を見せたら、自然とそうなるのだから。

なんでもかんでも「笑い」や「嫁として認め」に結びつけて強引にストーリーを運ぶのは陳腐な印象を受けます。藤吉のせいではないですけどね。

番頭さんが引き抜かれた

えらいこっちゃ!番頭さんが!

番頭さんが北村屋を去り、天野屋に行くというのです。

番頭さんは店先で立ったまま、啄子に別れを告げます。天野屋の出戻り娘の婿になり分家して店を持たせてもらうとのこと。このまま北村屋にいても、のれん分けの期待が持てないと。

啄子はその場で帳場に戻り、大金を包んで番頭さんに渡しました。お札を丁寧に紙につつむ所作がきれい。
「今まで世話になった礼。慰労金と餞別や」
「けちけちせんと送り出すのが、わての流儀です」

この間、わずか2分で番頭さんは去って行きました…。
ほんとうなら、誰か人を立てて双方の店で丁寧に話し合いがあり、当人はあちこち挨拶をしたり引き継ぎをして去っていくものだと思うのですが…。店先で立ったまま経緯を説明し、その場で退職金をもらって、ほな、さいならですか!?

駆け落ちの時もそうでしたが、このような、人として礼を尽くすべきシーンをセリフの説明だけで済ませるのはよくないです。とうぜん役者さんは、不自然な状況の中で不自然なことを言うはめになり、見ているものの心に不協和音を残すことになる。

このドラマ、出来事や騒動を詰め込みすぎだし、都合よく急に騒動が持ち上がり急に回収され、あとさきに影響しない。子供の学芸会みたい。

借金の理由がわかった

啄子さんは、ついに借金の理由を藤吉に話しました。
藤吉の父が女遊びで作ったもので、啄子が少しずつ始末して返してきた。藤吉が一人前になったら話すつもりだったと言うのです。

ショックをうける藤吉。
「お母ちゃんは誰にも言わんと、1人で抱えてきたんや」
「俺は、いままでお母ちゃんの気も知らんと…」
「こうなったら、命がけで、店ののれんを守る」

へえ、また命がけですか。ほんまに軽い命だすなぁ。
この間も風太に「命がけでおてんちゃんを守る」って言うてましたね。

藤吉が何をいってもわたしは信用しませんが、一応、若旦那として頑張りだしたようです。リヤカーに店の米を積んで売って回ってますね。

芸人仲間と再会

藤吉の目の前に倒れたのは、昔の芸人仲間の万丈目吉蔵です。吉蔵さんは怖い奥さん・歌子にどつかれ、長屋の外まで吹っ飛んだのでした。

「こんな所で油売っとらんと、ちゃっちゃと寄席の仕事のひとつでも見つけて来んかい」怖そうに聞こえますが、いつも通り言うてるだけです。こういうおばちゃんは頼りになります。

そこにキースも現れ、3人は藤吉との再会を祝して茶店で話をしました。
藤吉の店の窮乏を聞いたキースは、

よっしゃ!任さんかい!
「ええて。おまえに迷惑かけるつもりはない」
「何を水くさいこと言うてんねん。ええ儲け話あるで」ニヤリ。

『何を水くさいこと言うてんねん』とは『よそよそしいじゃないですか、私とあなたの仲なのに』という意味ですが…キースの『ニヤリ』は絶対に怪しいな。これまでキースは藤吉を窮地に陥れたことしかないですからね。

スポンサーリンク

あとがき

藤吉は本気で店のために働くそぶりを見せてますが、すぐ根を上げるんじゃないの?やっぱり藤吉には魅力がなく、わたしは本気でイヤだなと思ってしまうな。ダメ男を演じきれてない松坂桃李さん。

キースは、とんでもない奴ですけど、憎めない可愛さがありますね。人に迷惑をかけても悪びれず、ちゃっかりと明るくて。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!