わろてんか 3/30(金) 北村商店の主要メンバー、しれっと全員集合

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

リリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)に再会したてん(葵わかな)と風太(濱田岳)は、本格的に寄席の再建に取り組み始める。さらにキース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)が戻り、次いで亀井(内場勝則)や万丈目(藤井隆)ら北村笑店の主要メンバーが続々と戻って来たのを受け、てんは焼け跡の寄席から新生北村笑店の船出をしようとみんなに提案する。そんな中、長らくてんが待ち続けていた人物が焼け跡に姿を現した。

以上、yahoo!テレビより引用

スポンサーリンク

北村商店の主要メンバー、しれっと全員集合

※ここから先は個人的な感想です。

しれっと全員集合

北村笑店の関係者はみんな、まるで舞台袖で出番を待っていたかのように、しれっと全員集合しました。

キースとアサリは、ちょうど風鳥亭跡のそばで詐欺騒ぎを起こし、わざとらしくてんに気がつきました。「風のたよりに風鳥亭再建の話を聞いた」そうですが、アサリの実家は分かってるんですから、連絡くらいしてやればいいのにね。

亀井さん、万丈目夫妻、お楽とイチも全員集合して再会。

そして、チャラっと隼也が帰宅しました。
「舞台や!舞台やで!」と興奮して仮設中の高座を撫で回してます。身内に挨拶するより先に…。てんに挨拶して帽子を脱いだらチャラっと長髪。出征のときのいがぐり坊主カツラを脱いだようです。

隼也は「お笑いの良さが身にしみてわかった」「戦友とくだらん話しをして笑ったら…」そうです。どこの部隊に配属されてたんでしょう。

身内で褒め合う風土

伊能さんは、やりたいことが山程あるそうです。焼け跡にワクワクするような街を再建したい、エンタテインメントを広めたいと。

さすが伊能さんや!
僕らのゴールはまだまだ先だろ!君は最高のパートナーだ!

てんと伊能さんは、ほとんど実感のないセリフで夢を語りあい、お互いを褒め称えます。

わたしが思い出すのは、このドラマに満ちあふれる「身内で褒め合い」「自画自賛」「開き直り」感と同じ香りが、脚本家さんのインタビュー記事にも漂っていたこと。

↓ザ・テレビジョンweb版の、この記事です。

【ザテレビジョン芸能ニュース!】いよいよ最終週へ突入した連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月~土曜朝...

『わろてんか』が視聴率はともかく、ドラマとして良い出来だったか?視聴者に強く支持されていたか?

このことを、ドラマ制作関係者の方々が分かっていないはずはないと思うんです。プロですもん。であれば、もうすこし「反省」というか…そこまでは行かなくても、謙虚に結果を受け止める姿勢を見せてもいいと思うんです。

素晴らしかった・みんな良く頑張ったね・私も大変だったのよ で終わらずに、もう少し自分たちに厳しくあってもいいんじゃないかと。

この記事は、NHKの意向が反映された「番組宣伝」のいっかんなのかも知れないし、脚本家さんの意図した内容そのままではないかも知れないですけどね。

あとがき

久しぶりに唐突なナレーションが入りました。

さーてさて お楽しみ。いよいよ最終回
北村商店復活の 青空喜劇の開演で ございます~

ナレーターさんの仕事も明日で終わりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!