わろてんか 3/16(金) 伊能さんは国の要注意人物らしい。奇妙な演出は何のため?

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

てん(葵わかな)と風太(濱田岳)は東京の内務省に呼び出され、映画台本の検閲結果を伝えられる。テーマの恋愛を忠義や孝行の話で巧妙にごまかした台本は、無事検閲を通過し二人とも安堵(ど)する。だが後日、検閲保留という連絡を受けたてんは納得がいかず、単身内務省に乗り込んだ。そこで検閲官(伊藤正之)から恋愛に関する描写が問題だと指摘を受けるが、じつは検閲保留になった最大の理由は伊能(高橋一生)の存在だった。

以上、yahoo!テレビより引用

スポンサーリンク

 伊能さんは国の要注意人物らしい。奇妙な演出は何のため?

※ここから先は個人的な感想です。

今日も、これまでに見たことのない奇妙な演出がいろいろ。
やはり、ドラマもあと少し、破れかぶれで何でもやってみよう、ということでしょうか?

奇妙な演出

①字幕

検閲官と面談のシーン。効果音とともに、ドーンと大きな文字で「内務省」と表示。大仰な印象を与えたかったのでしょうか?

次に、検閲官が台本の修正を指示するセリフ「大高源吾が小野寺秀富の兄です」を、字幕で解説。わざわざ字幕で解説するほどの事でもないのに。

「翌日」。ガーンという衝撃的な効果音とともに。検閲が保留?というてんのシリアス顔。サスペンスドラマ風にしてみたかった?

…どれも、良いとは思わなかったなぁ。奇妙なだけで。

②セリフを途中で切る

何のパーティか知りませんが、ガヤガヤと立食する北村商店の従業員たち。
「まだ役者が決まってない」と言いかけた伊能さんの言葉を「準備に一ヶ月はかかるやろな」と風太が大きな声でさえぎる。そのあとも、伊能さんが何か言おうとするたびに、楓や風太は叫ぶように発言してさえぎる。

…これ良くないです、聞いててイライラします。風太や楓はどうでもいいことしか言ってないし、さえぎる必然性もないのに。

歌子さんとアサリが、お笑い忠臣蔵の恋愛ネタについて会話し、誰かに立ち聞きされるシーン。「その赤いしごき帯っちゅうのが、大事…」

ここでいきなり音声がストップし、一瞬の間のあと「翌日」という巨大字幕。

一瞬、放送事故かと思いました。ダラダラ見ている視聴者をビックリさせて興味を引こうとしたんでしょうか?

工藤さんも検閲官も…(苦笑)

新世紀キネマの工藤さん。風鳥亭で伊納栞を待ち伏せして、

「あなたが関わる映画が日の目を見ることはありませんよ」
「あなたは国にとって要注意人物だ」
「(私は)お国にご注進しただけです」

…「法務省に告げ口したんはワシやで!」とわざわざ言いに来たとはね。かまって欲しかったんやろな(苦笑)

工藤さんの告げ口により映画の台本を却下した検閲官は、何も話すことはないといい急な呼び出しで立ち去りかけたのに、てんの話を立ち止まってじっと聞いてます(笑)

「人生苦しいこと悲しいことぎょうさんありますけど、それを乗り越えるためにはタップリ泣いて笑うことです。そのためにお笑い忠臣蔵を作りたいんです…」

…ああもうイヤ!聞きとうない!
したり顔のおてん様が、お笑いの意義をクドクド語るなんていちばん見たくないシーン。おてん様は極力登場させないほうが、視聴者のためにもドラマのためにも、葵わかなさんのためにも良いよ。

あとがき

いつも大声で叫び、自己中心的で金のことばかり言ってるアサリがイヤでした。アサリ役の俳優さん、ついに名前も覚えないまま終わりそう。俳優さんは普通に良い人なんでしょうね。お気の毒でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『わろてんか 3/16(金) 伊能さんは国の要注意人物らしい。奇妙な演出は何のため?』へのコメント

  1. 名前:コスモス 投稿日:2018/03/16(金) 14:22:10 ID:98547daff 返信

    このドラマ、お金のことがよく出てきますよね。凄く嫌です。いや何もかもが嫌なんですが。ただ一生さんが毎日出てくるので、彼の演技だけが救いのようになって、私の視聴を支えています。今日の展開の中で、栞がてんを見つめる場面がありました。前の苦悩の場面と違って、てんとは見合いの話から始まって、ずっと見つめてきた経緯がありますから、この時の表情は胸に響くものがありました。栞の目は、女性としておてんを見つめる目のようでもあるし、同士として親しみを込めた目のようでもあるし、妹のような気持ちで家族を愛する目のようにも見える。こうした表情の演技ができる高橋一生を見たくていた私には久しぶりのざわざわ感がありました。初めてわろてんかを見ていてよかったと思いました。伊能栞のてんに対する気持ちというものはこのドラマの今までの展開ではしっかり描ききってはいない。それなのに、なぜ今日はてんをじっと見つめる場面を作ったのか。栞のてんに対する気持ちをどう描きたいのかがはっきりしない中で、一生さんがイメージする栞像の中での演技だと思いますが、たった数分(数秒?)の中にいろいろ想像させる見事な表情だったと思います。

    • 名前:simizuy 投稿日:2018/03/16(金) 20:10:15 ID:cc5ba938e 返信

      コスモスさんは、本当に高橋一生さんが好きなのですね(^^)
      わたしはそこまでファンというわけではないですけど、深みのある演技には引き込まれてしまいます。

  2. 名前:コスモス 投稿日:2018/03/17(土) 06:54:07 ID:5319102cd 返信

    ごめんなさい。いろいろ言ってしまって。わろてんかに対する思いは全く同感です。高橋一生は政次からファンになりました。役者として人間としての高橋一生をこれからも見つめていきたいと思っています。

    • 名前:simizuy 投稿日:2018/03/17(土) 07:35:11 ID:4aa87c780 返信

      「おんな城主 直虎」わたしも政次だけは見たかったのですが、コスプレ学園祭みたいな雰囲気がどうもダメで挫折してしまいました。後半よくなったらしいですね。

error: Content is protected !!