わろてんか 3/10(土) 帰国したわろてんか隊の面々は、慰問団を続けると言う

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

「わろてんか隊」が無事帰国して、てん(葵わかな)やおトキ(徳永えり)は安堵(ど)の胸をなで下ろした。前線に赴く兵隊から恋人に宛てた手紙を預かったリリコ(広瀬アリス)は、手紙を届けに行った先でその兵隊がつい最近戦死したと聞いてショックを受ける。てんは再び新聞社から、戦地に慰問団を派遣して欲しいと要請され及び腰になるが、風太(濱田岳)をはじめ戦地慰問を体験した芸人たちは喜んで行くときっぱり言う。

以上、yahoo!テレビより引用

スポンサーリンク

帰国したわろてんか隊の面々は、慰問団を続けると言う

※ここから先は個人的な感想です。

わろてんか隊が帰国して、すぐ「第二次わろてんか隊」の要請が来たようです。

慰問団を続ける理由

てん、楓、おトキは、第二次わろてんか隊を出すことに反対してますが、その理由は「危険だから」「戦火が広がってるらしいから」。

そう言うけど、危険なのは最初から承知やったでしょ?
危険は承知で、宣伝効果・知名度アップのメリットが大きいと風太は判断して実行したのです。だからまず、本当にメリットがあったかどうか見極めなアカンと思うけどなぁ。

上海から帰ってきた面々は、キッパリと、また行くといってます。なんで?と言われたら、それは風太の「行ったもんにしかわからん」という言葉がすべてなんでしょうね。

危険なことはわかってるし辛いことも見聞きするだろう、でもお国のため会社のためやのうて、自分らのために行きたいと言う芸人たち。

そうかぁ。当初は会社の知名度を上げる狙いもあったけど、行ってみて考えが変わったんやね。それは「行ったもんにしかわからん」。

慰問団を続ける理由は、これで充分だと思います。おてん地蔵の決心の言葉(※を参照)は全部不要!余計なこと言わんと引っ込んでたらいいのに。

※「笑いの会社やから笑いを忘れたらアカン」「人間は争うアホな生き物やから笑いが必要になったんや」「悲しみを乗り越えるため笑いがある」「辛い時こそ笑うんや」「笑いの底意地見せたりましょ」

NHK朝ドラマ考 半分、青い。キャスト

…前回からの続きです。

俳優さんたちはみんなプロですから、よほどひどい欠点がない限り誰が演じても同じ…とまでは行かないけど、いい脚本ならいいドラマになると思っています。ようは統括プロデューサーと脚本家でだいたい決まるんじゃないかなと。

ですので、あまり俳優さんに期待はしていないし好き嫌いもなく…良い演技をする人には好感を持つし、そうでない人には失望するだけ。

そういう意味では『半分、青い。』の出演者では松雪泰子さん、六角精児さん、志尊淳君に好感。主人公の永野芽郁さんはよく知らないのでなんともいえないな。嫌いだと思う人はいません。

『わろてんか』のときも、当初は俳優さんたちに何の先入観もなかったのですが今は枝元萌、岡本玲さんが好感度アップ。松坂桃李、葵わかな、濱田岳さんが好感度大幅ダウン。高橋一生さんも鈴木京香さんも、他のドラマでは好きなのに『わろてんか』では魅力なかったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!