わろてんか 2/26(月) マーチンショウは伊能栞の一言で説明終わり

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

てん(葵わかな)は、隼也(成田凌)がつばき(水上京香)への思いを断ち切り、仕事に励む姿を見て安心する。風太(濱田岳)は伊能(高橋一生)と組んでアメリカから招致したマーチン・ショウが成功し、その勢いに乗って北村笑店の創立25周年パーティーを大々的に行うことを決めた。付き合い始めたリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)は周囲もあきれる熱々ぶりで漫才も順調だが、ある日怪しい男が二人に近づいてくる。

以上、yahoo!テレビより引用

スポンサーリンク

  マーチンショウは伊能栞の一言で説明終わり

※ここから先は個人的な感想です。

マーチンショウは伊能栞の一言で説明終わり

「東京で公演が始まったマーチンショウ、連日満員御礼。大成功だ」by 伊能栞
このひとことで、マーチンショウは一件落着。あーあ。

ショウの内容は?翻訳や通訳はどうした?
来日する団員の世話は?滞在先は?
会場の手配は?広告宣伝は?

本物ハミルも出てこず、契約も打ち合わせもしてない。
北村笑店の経営陣、誰も東京へ行ってない。
東京で活動してるはずのキースも、話題に出てこない。

マーチンショウは、単に詐欺事件のための題材だったのでしょうかね。騒動が終わったら用無しとばかりに一言でおしまい。次の騒動(リリコ四郎の引き抜き)も用意されてますしね…。

良いのはリリコ四郎だけなのに

茶柱入りのお茶を「あんた飲んで」「君に飲んで欲しいんや」♪
リリコが別人みたいになってますね。じとーっと見ていたアサリにも気がつかない(笑)

『わろてんか』視聴している間、ずっと眉間にシワが寄ってるわたしですが、リリコと四郎のシーンだけは眉が開きます。

しかしまた、不穏な騒動が起こる気配が。

「『新世紀芸能』に移籍しませんか?給料弾ませてもらいます」とリリコ四郎に近づくスカウトマン。なにも、万丈目夫妻の店でやることないと思うんですが。案の定、亀井さんに聞かれましたし。珍しく同業者が出てきましたが、どうせまた、あくどい引き抜き方をするんだろうな…憂鬱。

NHK朝ドラマ考 わろてんか 放映前②

…前回からの続きです。

『わろてんか』の制作発表リリース、NHK大阪放送局のブログに残っていました。

人生には笑いが必要だ!連続テレビ小説 第97作『わろてんか』は明治から昭和初期の...

↑これを読んでわたしは、正直言って『ウソっぽい』と感じたのですが、いま読んでみてどうかな。

バイタリティーあふれる魅力的な人々が続々と登場し、
毎日、ハラハラドキドキ、笑って泣いて、最後にまた笑える!
元気が出る、愛と笑いの“朝ドラ”です!!

↑この文章。いま読んでもやっぱり同じ印象です。
紋切り型で内容のない言葉の羅列。ビックリマークの多用。
「盛りだくさん」感を強調するのは、訴えたいことがはっきりしていないからだろうな…

『わろてんか』ってこういう感じですよね。

…続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!