わろてんか 2/17(土) 隼也が詐欺に引っかかった件はワッハッハでおしまい

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

てん(葵わかな)からこっぴどく叱られた隼也(成田凌)は毎日朝早くから下働きに精を出す。風太(濱田岳)はてんと隼也の親子関係がこじれることを心配して、絶対に許してもらえる謝り方を隼也に伝授してやる。隼也が迷惑かけたことを改めて謝罪するため、てんは伊能(高橋一生)を訪ねた。そこで伊能から、本物の「マーチン・ショウ」が日本公演をやりたがっていて、隼也の興行に対する目利きは間違ってなかったと告げられる。

以上、yahoo!テレビより引用:https://tv.yahoo.co.jp/program/?sid=399707

スポンサーリンク

 隼也が詐欺に引っかかった件はワッハッハでおしまい

※ここから先は個人的な感想です。

一週間通しての感想になりますが、こんな無神経なエピソード、『わろてんか』以外ではありえないんじゃないの。

反省するポイントはどこなの

隼也は「①無断で行動して ②詐欺に引っかかり ③大金を失った」。
さて、反省すべきはどれでしょう?

わたしは①だと思う。

隼也は、伊能さんに報告する機会があったのにそうせず、秘密でハミルと合ってました。積極的に「隠した」わけです。伊能商会がダメなら北村で…という発言もしており、いざとなったら伊能さんを出しぬこうと考えていたかも知れない。

これ、今後の信頼関係を全部なくすくらい悪質なことやと思いますよ。泥棒のようにこっそり重要書類を持ち出すに至っては、隼也の人間性にも問題があるんやないかと。

てんたち経営陣は、まずここを問いただして隼也の真意を確かめたらどうなの。そのうえで、単なる「若気の至り」だと判断したら、よく叱って信頼関係の大事さを教えるべきでしょうね。

②は、悪いのは詐欺師。
③は結果としてそうなったというだけ。

そもそも「詐欺に引っかかって大金騙し取られました」…こんな薄汚い事件を、青年の失敗と成長を描くエピソードの題材にするなんて、ドラマ製作の人たちの良識を疑います。

伊能さんのいうこともおかしい

伊能さんは「マーチンショウが日本で公演をやりたがってるらしい。隼也君の目のつけどころは、間違ってなかったということだ」と発言。

??意味不明やわ。

「マーチンショウが日本で公演をやりたがっているらしい」
いつ、誰がそう言うたの?本当なの?本当だとしても、

「隼也君の目のつけどころは、間違ってなかったということだ」
なんで?

マーチンショウは日本で公演したがってる。ただそれだけですよね?もし隼也が『来日公演したい人』を探していたのなら、隼也の目のつけどころは間違ってないと言ってもいいけどね。

伊能さんは『マーチンショウが日本で成功しそうな感触を得た』わけでもないのに。こんな意味不明のリクツで隼也の行動を肯定して、よかったよかったみたいな空気を醸し出されてもなぁ。

おとこ・男と連発する風太

風太はもはや 不快なことしか言わんようになってしもうたね。

・男は、大きな声で「すんませんでした」と頭を下げてたらええ!
・男はこれでええんや!

男は大声で謝ってたらそれでいいが、女は失敗の原因をよく分析して考えて行動しろとでも?

男なら何も考えずに大声出してたらいいの?
男ならバカでもいいの?
この人、どうして男・オトコと連発するんだろう?
わからん!わたしにはわからん!

風太の言う「男」とは…粗暴で・頭が悪く・弱いものを虐げ・強いものに媚び・身内にだけは甘い人。

あとがき

大声で「すんませんでした」と言う。雑巾がけをする。くだらない。
お母ちゃんに謝ったとか謝らへんとか、家族の喧嘩じゃないんだから。詐欺事件を社史に載せましたよ、ワッハッハ。何よこれ?(怒)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!