わろてんか 2/6(火) 『月刊キタムラ』。北村笑店で一番有能なのは楓さんかも

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

てん(葵わかな)はリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)をどうにかして売り出す方法を考えていた。楓(岡本玲)は北村笑店自前の月刊誌を作って、リリコと四郎の特集を組み二人の魅力を伝えようと提案。さらに映画スターのようなブロマイドを作り、寄席に女性客を呼び込むために豪華な弁当を売り出すなど、斬新なアイデアをどんどん実現させる。寄席で下働きを始めた隼也(成田凌)は地道な仕事にうんざりしていたが…。

以上、yahoo!テレビより引用:https://tv.yahoo.co.jp/program/?sid=399707

スポンサーリンク

 『月刊キタムラ』。北村笑店で一番有能なのは楓さんかも

※ここから先は個人的な感想です。

今日は、リリコが四郎さんのいうことをきちんと聞いていたのが良かった。楓さんたちはよく働いてるし、隼也も一生懸命やってました。不快なのは風太とナレーションだけでした。

北村笑店で一番有能なのは、楓さんかも

経営者も含めて、楓さんが一番有能じゃないだろうか。
藤吉は土下座営業。てんは「そうですなぁ」「おきばりやす」のお地蔵さん。風太は威張り怒鳴り。あとの人達はそれぞれいい仕事していたけど、大きな業績はあげていないし。

楓さんは、『月刊キタムラ』を発行して芸人の紹介・インタビューを載せることを提案。雑誌発行の経費は、藤岡製薬から支払われる広告料でまかないます。藤岡製薬は女優リリコに化粧品を宣伝してもらえるから、どちらも嬉しい。

楓さんはリリコのインタビューをして雑誌の記事を書きます。万丈目吉蔵さんも褒めるくらい、漫才の台本も書けるようになってます。すごいな。

編集長や文芸部長は万丈目さんが務めてますが、実質は楓さんで持ってるんじゃないかな。

風太のフェイドアウト希望

月刊キタムラの企画は良いものだし経費的に問題ないのに、風太は何が不満なんでしょうか? 反対する理由はないどころか、多いに推進・サポートすべきでしょう、専務なんだから会社の利益第一でしょう?

風太はやはり「女が新しいことをするのが気にいらない」んでしょうか?

北村笑店に来てから風太はイヤな人間になりました。寺ギンのように部下を締め付けて管理し、てんたちには偉そうな態度で威張って。伊能さんには敵意。いつもイライラして怒鳴っている。

つまり風太は『立場の強いものが、弱いものを力づくで支配する』考えの人。寺ギンのようにね。

風太の業績といえば、映画に対抗する娯楽として安来節を流行らせたこと。でもすぐ衰退してしまった。団吾師匠のラジオ出演は『寄席に客が来なくなる』と言って阻止しようとしたけど、結果はその逆だった。

風太はもう終わってますね。そろそろフェイドアウトしてもらいたい。濱田岳さんのエセ関西人ぶり、もう見たくないです寺ギンを追って遍路旅に出たらどうでしょうか。

リリコ&四郎の漫才が面白くないのはなぜか

リリコは初めて、四郎さんにまともな態度を取りました。口調はぶっきらぼうですけど、ちゃんと相手の話を聞こうとしてた。稽古にも付き合っていた。やっと態度を改めてくれたねぇ。

四郎さんは演奏家なんよね。舞台慣れどころか人と話すのも苦手みたい。

リリコと四郎さんの漫才がいまいちなのはなぜか?『なぜ最初は面白かったかを突き詰めれば答えはでる』と伊能さんはいいましたけど、わたしは最初からそんなに面白いとは思わなかったから、このご意見には疑問。『四郎さんをリリコの相方にしたのはなぜか?』これもわからない。

わたしが思うに、四郎さんは『楽器を弾く』のが一番自然な人なんでしょ。しゃべるよりも文章を書くよりも、演奏することで表現するのが楽なんです。無理に苦手なことをさせるより、リリコのしゃべりに演奏で答えるとか、リリコの心情を演奏で表現するとか、BGMに徹するとか。そういう風にすれば、四郎さんが生き生きするでしょう。

…と、誰でもすぐわかることに、なかなか気づかないてん。

あとがき

やはり、籐吉が退場してから面白くなったような気がします。最後の二ヶ月でできるかぎり挽回して欲しいなぁ。題材は面白いのですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!