ユニバーサル広告社(第3回) 魚屋の料理教室、かつてのお祭りのような楽しさ

ダイジェスト

港町のシャッター商店街に引っ越してきたユニバーサル広告社。いつも空回りばかりの石井社長(三宅裕司)が朗報を持ち込む。広告社が冷凍食品のコンペ最終2社に残ったのだ。ライバルは杉山(沢村一樹)がかつて働いていた大手代理店・博王堂。相手に不足はない!杉山と村崎(要潤)は会社でコンペ案に磨きをかける。そんな中、さくら(和久井映見)が鮮魚店の女店主・節子(高橋ひとみ)からの依頼を持ち込んでくる。一人で切り盛りする店に、客を呼び込んでほしいというのだ。広告社は急に忙しくなりだす。そんな状況で、杉山が妙案を思いつけずすっかり煮詰まっていると、節子の娘・加奈(工藤綾乃)がやって来て「母の依頼を撤回したい」と直訴…!?そして自他共に認める広告センスゼロの社長が恐る恐る放った一言とは…!?ユニバーサル広告社が人々の絆と笑顔のために奮闘する!!

TV TOKYOウェブサイトより引用
http://www.tv-tokyo.co.jp/universal_koukoku/story/?trgt=s_03

第三話のストーリーざっくり

冷凍食品の広告のコンペに最終まで残ったユニバーサル広告社。競う相手は「博王堂」。杉山が働いていた大会社です。これは負けられません。

しかし、忙しい時に限って仕事が入ってくるもの。藤沢さくらが依頼してきた仕事は、魚屋「魚久」。夫に死なれてひとり店を切り盛りする節子のお店です。客が来なくなった魚屋を繁盛させたいと。

大手とのコンペと、地元の魚屋。2つの広告に奮闘する社員たちですが、杉山はすっかり煮詰まってしまい、よいアイデアが出せません。

しかし魚久から広告依頼を取り消してくれとの話が来ました。杉山は正直なところほっとします。これで、コンペに集中できるからです。お詫びにと節子が差し入れてくれたちらし寿司のおいしさに感動する社員たち。

煮詰まった杉山が気分転換に商店街を歩いていると、お年寄りのお客に魚を売る節子の姿がありました。調理法を教え配達もし、お客を家まで送り届け…それを見た杉山にスイッチが入り、やはり魚久の広告をさせてもらうことにします。

商店街は久し振りに活気にあふれていました。
住人総出で準備した「節子の魚料理教室」が開催されたのです。沢山の人が準備を手伝ってくれ、かつてのお祭りのときのようにみんなの笑顔があふれました。これが杉山の企画した魚久の広告でした。

冷凍食品のコンペのほうは、僅差で負けました。しかし担当者がすごく褒めてくれて社長は大感激。杉山は、意地でも勝ちたかった博王堂とのコンペよりも、魚屋イベントのほうが楽しかったことに気づきます。

ま、いいか!楽しかったから良しとしよう!

小さな魚屋の輝きは何?

広告は魔法じゃなくて、人に知られないままの小さな輝きを、みんなに知らせるためのものだ。と杉山は言ってました。
今回の広告依頼主、魚久の輝きは、こんなに沢山ありました。

  • 地元近海で取れた新鮮な魚だけを扱っている
  • 魚に合った調理の方法を教えている
  • 二枚おろしにしたり下ごしらえもする
  • 配達もする
  • お年寄りのお客を家まで送ってくれる

節子さんはあまり意識していないようでしたが、これはステキ。
商品の価格だけ比べたら大型スーパーで買うほうが安いでしょうけど、魚久で買うほうが、魚が美味しく食べられそうだし、好きになれそうです。

魚屋の広告は「親子料理教室」

杉山さんの住む船主宅に近所の人が集まり、会場の設営、調理器具、カメラやモニター、マイクの準備をします。藤沢親子はおにぎりを差し入れ。久し振りに知り合いに会った人も多いのでしょうね。酒を飲んだり散髪してもらったりする人まで現れました。

イベント当日、たくさんの人が集まり魚を使った料理を作って食べました。みんな楽しそう。わたしも食べたいな。

広告って、ウェブサイト、TVのCM,パンフレット、チラシ、そういうものだと思っていたけど、こんなイベントも広告のひとつなんですね。広告のターゲットは地元の皆さんだからこれで良かったのですね。

救われたのは、杉山さんのほうじゃないかな

博王堂とのコンペは僅差で敗れましたが、杉山たちは魚屋イベントのほうが楽しかったようです。

杉山さんは、かつて自分が勤めていた大手広告会社とのコンペに、意地でも勝ちたかったのですよね。その思いが強すぎて煮詰まってしまったのでしょう。

でも節子さんがお年寄りに接客している姿を見て急にスイッチが入り、イベントの企画から実行まで一気にやりきって、楽しかったから、まいいか!と笑顔になりました。魚久の「小さな輝き」が、杉山さんの過去の傷を少しは癒し、新しい方向へ向かって心の変化を推し進めたということでしょう。

スポンサーリンク

あとがき

商店街のひとたちとユニバーサル広告社の関係が、良くなってきましたね。楽しくなりそう。

わたしは海から遠いところで生まれ育ったので、新鮮な魚を食べて育っていません。魚久のちらし寿司食べてみたい~。あんな魚屋さん近所にあったらいいな~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!