まんぷく#43 萬平さんは福子をどう思っているんだろう?

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

昭和22年、春。たちばな塩業の経営は順調で、福ちゃんも臨月を迎えました。萬平さんは三田村さんから出資してもらった3万円の使い道を考えています。福ちゃんは、萬平さんが本当にやりたいことに使うべきだと後押しします。安定してきた製塩業の規模を拡大するか、新たな事業にチャレンジするか、悩む萬平さん。そんな中、鈴さんが突然…。

引用:NHK公式ウェブサイト
スポンサーリンク

萬平さんは福子をどう思っているんだろう?

※ここから先は個人的な感想です。

萬平は福子が煩わしくなったのでは?

萬平は福子が煩わしくなったのでは
過去二週間の間に、わたしはそう思うようになりました。

なぜかといいますと…結婚する前は、福子と別れたあと萬平さんはいつも真顔→笑顔に変化してた。僕と付き合ってください! のときも、結婚してください!のときも。幸せな思いを隠そうとしても隠しきれなかったよね。

それが、結婚後、疎開先で萬平さんが泣き叫び、福子に「わたしがあなたの仕事を探してあげます」と慰められて以降、どうーも、怪しくなっていった。

わたしが探してあげます。
わたしがなんとかします。
わたしに任せてください。

こう言って立ち去る福子に対し、萬平さんが非常に複雑な顔をするようになったんだよね。フッと真顔に戻ったり、ため息をついていたり。以前とは逆に、笑顔→真顔に変化するようになった。どうも、福子にはいいたいことが言えてないというか、笑顔だけ見せてる感じになってきた。

福子はずっと変わらず、萬平さんしか目に入らず、いつもニターっと固った笑顔のまま「あなたなら、できます」「わたしの旦那さんですから」「絶対になんとかします」と盲目的。これ、結構怖いし脅迫的。

萬平さんはだんだん福子が煩わしくなったんじゃないだろうか?
この人たち、仮面夫婦だよね。
福子はともかく萬平さんは本心を言ってないよね。

と思っていたら、
42話でとうとう萬平さんの口から決定的な発言が。

世良さんに騙されたことに気がついた二人はふとんの中で会話。
「裏切られても(世良さんのことを)嫌いに慣れないというのは、つらい」
「そうですね…」

福子のこの言葉を聞いた萬平くんは、

「そうじゃない!」

と発言。福子と反対側に寝返りをうって、福子に聞こえないように小声でね。

ついに隠しきれない思いが口から出た!
福子に初めて反旗を翻したね!萬平くん、そのうち爆発するわ!

とワクワクしてたんだけど、今日はまた何ごともなかったように、物語が進んでますね。うーん。せっかく面白くなりそうやったのに…。

武士の娘の反乱

鈴さんを見るとほっとします。
好きなのはこの人だけかも。

正直で思ったことをすぐ口に出す!
文句をいいながらもやるとなったら全力を尽くす!

愛すべきキャラクタの鈴さん。
松坂慶子さんいい味出してますよね。

風呂掃除をする鈴さん、薪割りする鈴さん。
どんな姿も可愛いし楽しいから見ていたいけど、ここは怒りの家出を応援するしかないわ。鈴さん頑張れー(^^)

あとがき

鈴さんは好きなんですが、過去二週間で残念なドラマになっちゃった。

男性の脚本家なので、事業を丁寧に描いてくれると期待したのになぁ。
福子の行動が違和感→不快へ変化。
萬平さんの本心がチラッと見えて、ワクワクしたんだけどなぁ。
香田家もおかしなことになってしまったし。
NHK朝ドラ以外ではありえない、雑なご都合主義にうんざり。

ひよっこ以来ずっとNHK朝ドラには失望し続けており、
期待したまんぷくもなぁ…

というわけで、今週からは、毎日はブログを更新しなくなると思います。
2,3日にいっぺんか、一週間に一度か…まだわかりませんが、更新頻度は低くなると思います。

わたし自身、すこし思うところもありましてね。
仕事を辞め、父が亡くなったあと何をする気も起きず外出もせず、ぼんやりした日々を過ごしていましたが、こんな風に引きこもっていてはダメだなと。
秋が深まるにつれ、その思いが強くなりました。

もし毎日読んでくださってる方がおられたら、ごめんなさい。
そして、いままでありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!