まんぷく#39 わざわざ電話で提案してくれるなんて…世良さん意外なところで親切

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

塩の品質が劣っているとされたことにショックを受けた萬平さんは、塩の品質を一層あげようと、作業をより丁寧にするよう指示します。しかし、手間がかかる分、生産量は落ちていき、みんなへとへと。経営が苦しく、なんとかしなければと考える福ちゃんでしたが、そんなところに世良さんから悪だくみの誘いがきて…。

引用:NHK公式ウェブサイト
スポンサーリンク

わざわざ電話で提案してくれるなんて…世良さん意外なところで親切

※ここから先は個人的な感想です。

あらら…。これは本格的に大変なことになってきたね。いろんな意味で。
今日の回をみて、このドラマの見方変えないとダメだな。と確信したわ。

一瞬だけ映る、たちばな塩業の従業員みんなで撮った写真が妙に暗いのが気になります。
みんなでアハハ~ウフフ~ってやってるうちに、たちばな塩業は立ち行かなくなったりして。それなら、まだいいかもね。

世良さん、なんて親切なご提案。

電話の主は、なんと世良さんやないですか!
「僕が塩を闇市で売ったる。専売局よりずっと高く売れてたーっぷり給料出せるで」と、世良さんはご親切にわざわざ電話で提案してくれました。今日はまた、いちだんと暑苦しいお顔でネットリと(^^)

世良さーん。
立花は、書類の確認もしないアホ経営者なんだからさ、わざわざ説明してやる必要ないわ、だまって闇市で売ったらええやん!立花には「専売局で売った」と言うて、差額を自分の懐にいれたらええやん。車を出して知恵も出して納品代行してあげるんだから、そのくらいはいいと思うよ。

でも、このまえみたいに、売上の半分というのはちょっとアカンわ。
ほどほどの悪党ぶりでお願いね(^^)

萬平さん、福子をよく仕込んだなぁ…

萬平さんも、無能ぶりが安定してきましたね。
専売局に問い合わせたらすぐわかることを、いつまでたってもせず、騙されたことまだ気がつかないまま「僕は最上級の塩を作りたいんです!」ですって。
生産効率落ちますよ、って従業員が言っても、それでもいい!信用を築いていかなきゃならないんだ!ですって。ああもうダメだ。

でも福子を操ることにおいては天才的だよね!
だまって「はぁ…」ってため息をついて暗い顔をして見せるだけで、福子はどこからか金を借りて来てくれます。経営者として経営方針の説明も、ご挨拶すらしなくていいなんて楽ちんですよ。布団の中で福子の機嫌をとったら、思いのままなんだろうね…。
キョドキョドオドオド可愛いフリして、萬平さん役者やわぁ。怖いわぁ…( ̄ー ̄)

福子は、ウソを言うのに慣れちゃったんだろうな

福子はまた、ハナちゃんとこに借金に行ったのね。

絶対に返します。
これが最後です。
わたしがなんとかします。

こういう言葉が何度も口から出てくるってのは、もうウソなんだよね。
ウソも言い続けているうち麻痺する、借金も何度かしてるうちに慣れてくる。

サラ金で自己破産してしまう人とか、パチンコ依存症でどうしてもやめられなくて破滅してしまう人とかも、こんな感じなのかも知れないなぁ。

この人は萬平さんしか目に入らないアホまっしぐら、全然ぶれませんね

昔、萬平さんから「結婚を前提に付き合ってください!」と言われ「はい」と即答した福ちゃんをみて、気負いも てらいもない、気持ちのいい女の子だなぁとわたしは思ったのでした。

でも違ったね。何も考えてないだけやったんやなぁ。
三度のご飯が食べられないどころか、友人も親族もぜんぶ失っても萬平さんさえいれば幸せなんだろうなぁ。

それはそれで結構なことです。
もう、好きにしてください。

ハナちゃん夫妻と従業員が気の毒すぎる

萬平さんと福子は好きにしてればいい。
でも周囲のひとが気の毒すぎるやないですか!!

鈴さんは、こんな娘に育てた責任があるから まぁ仕方ないかもねぇ。
今日は可愛い子分ができて良かったじゃないの。秋津くんでしたっけ。もと寿司職人ね。
福子についてきたばっかりに大変な毎日を送ることになったけど、それはそれでけっこう、楽しんでるような気がする。いつかこの世を去るときには「あの頃は、楽しかったわね」って言うような気がする…。
あー鈴さん。いつまでもお元気でいてほしい!

気の毒なのは、ハナちゃん夫妻ね。
福子の借金のせいで、ハナちゃんは夫に負い目を感じ、ハナちゃんの夫は家の当主としての責任感に苦しむ日々(妄想です)。友達が泉大津に来たって喜んでたけど、こんなことになるとは思っても見なかった。こんなことなら最初に野菜を持っていかなければ良かった…。

もっと気の毒なのは、従業員の若者たち。
戦争がえりで身寄りもないこの子たちが、あんな慰労会やたこ焼き程度でごまかされてしまったなんて、かわいそうでならないわ。業務時間外に自分たちの手で釣ってきた鯛を、アホ経営者に差し出すなんて涙ちょちょぎれるわ…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!