まんぷく#34 従業員を大量に雇い親族を巻き込み、友人に借金を重ねても無頓着な夫婦。大丈夫なのか?

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

神部さんが連れてきたのは、戦争で身寄りを無くした、14人の男たち。彼らを受け入れる課題が山積みの中、萬平さんは塩の大量生産を目指します。一方、若者たちの食事にお風呂、寝床の準備と、福ちゃんと鈴さんはヘトヘト。でも若者たちを引っぱる萬平さんの生き生きとした姿に、福ちゃんは疲れを忘れて、新たな可能性を…

塩作りの準備が続く中、慣れない苛(いら)立ちで若者たちのケンカが頻発。さらに若者たちのお世話に奔走していた鈴さんが倒れてしまいます。萬平さんの新たな夢を守ろうと、福ちゃんは克子姉ちゃんに相談。すると姪っ子で女学生のタカちゃんが、週末だけのお手伝いを買ってでてくれます。果たして福ちゃんはピンチを乗り越えられるのか!?

引用:NHK公式ウェブサイト
スポンサーリンク

従業員を大量に雇い親族を巻き込み、友人に借金を重ねても無頓着な夫婦。大丈夫なのか?

※ここから先は個人的な感想です。

14人も若者を雇って塩作りを開始した萬平さん。
それはいいけど、食事の用意も風呂の支度もすべて福ちゃんとお母さんがすることに?!

福ちゃんはたしか「わたしが全部やります」って言ってなかったっけ?
録画を見直してみたら、ほら!やっぱり言うてるやないですか!33話でこう発言。

萬平さんは塩つくりを仕事にするって言うてる。
萬平さんが本気ならわたしが支えます。
当面のお金をどうするか、わたしが考える。
お母さんに迷惑はかけない。
お母さんがイヤやと思うことはしなくていい。
わたしが全部やります。
萬平さんの妻はわたしですから

ここまでいい切ってるのに。
これ、お金の工面に関してだけはわたしがやる。って意味だったんですか?!

文句をいいながらも、老体にムチうって労働する鈴さん。なんてお人好しなの。
うちの母なら、こんなん絶対やりませんよ。
単純で裏表がなく正直な鈴さんが、いちばん割に会わない目にあってる。…と思ってたら、案の定、鈴さん倒れてしまったやないですか(-_-;)

若者が集まって塩作りが始まり、萬平さんは社長の顔になってきて、福ちゃんはウットリ。それは結構なことやけど、わたしは、この夫婦にちょっと苦言をいいたくなってきたわ。

何が一番ひっかかってるかというと、萬平さんが、資金調達が困難なことに感づいていながら、福子にまかせきりなことです。

福子はハナちゃんの嫁ぎ先から、何度も無理を言ってお金を借りてます。
実家ならともかく嫁ぎ先からというのは余りにも図々しいし、ハナちゃんの立場が悪くなるかも知れません。萬平さんは知らないし知ろうともしてないけど、これ結構、恥ずかしい行為だと思うよ。

福ちゃんはあの通り、ウットリラブラブで萬平さんしか見えてません。
萬平さんが生き生きする姿を見るのが一番うれしくて、そのためなら、年老いた母親を倒れるまでこき使うし、親友の立場も考えずに無理やり借金するのね。

萬平さんも萬平さんで、お義母さんが倒れても、さほど気にせず「僕は福子のことが心配なんだよ」「福子まで倒れたらどうするんだ」って言ってるし、義理の姉の家からタカちゃんが来てもさほど恐縮せずに

「これで福子の負担が少しでも減るな」とは、あきれた!!

福ちゃんは「絶対大丈夫です。わたしがついてますから」といってタカちゃんを連れてきたけど、信用できないねぇ。この人、萬平さんの笑顔を見るためには何でも言うからねえ。

萬平さんはけっこう非常識なところのある人で、経営者としては駄目な人だというのは、わかってましたよ。けど、今日はちょっと笑えなくなってきたな。

「萬平さんはもっと大変です」
「僕は好きでやってるんだよ」

ってイチャイチャしてたけど、
好きでもないことでこき使われてるお義母さんは、どうなの?
無計画に収集された従業員たちは、どうなるの?
ご飯と味噌汁だけでもいいから、もっと十分食べさせてあげなさいよ。

経営がうまくいく見込みがないまま、従業員を大量に雇い、親族を巻き込み借金を重ねて…。自分たちだけならともかく他人の人生にも責任を負うことになったのに、萬平さんは「好きでやってる」っていうのね。

福子のマインドコントロールがじわじわ効いてきて、萬平さんも福子だけしか見えなくなってきたんでしょうか。バカップルぶりがすごいな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!