まんぷく#32,33 鈴さんの留め袖をお金に替える福ちゃん、ちょっとひどくない?

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

萬平さんが思いついたのは鉄板を使った塩作り。早速、神部さんと塩の産地・赤穂へ勉強に向かいます。一方、福ちゃんと鈴さんは生活費を工面するため、近所に持参した着物と食べ物の交換をお願いして回ります。でも萬平さんは福ちゃんたちの苦労に気づかず、塩の試作に夢中。熱した鉄板で、塩分を濃くした海水で作る初めての塩の味は!?

塩の試作で自信を深めた萬平さん。戸惑う福ちゃんや、鈴さんの反対を押し切り、本格的な生産を目指すことに。神部さんに人手集めを頼むと、萬平さんは製塩設備の計画を練り始めます。福ちゃんは生活費と、塩作りの資金集めにも奔走。鈴さんもどうにか説得します。ところが神部さんが連れてきたのは、なんと14人もの若者たち。彼らは一体!?

引用:NHK公式ウェブサイト
スポンサーリンク

鈴さんの留め袖をお金に替える福ちゃん、ちょっとひどくない?

※ここから先は個人的な感想です。

ふーむ…。
萬平さんたちは、本格的に塩の製造を始めることになったようです。
それはいいんだけど、福子がお母さんの『留め袖』を売って事業の資金にする件は、ひどいと思ったわ。

お母さんは上等な着物を何枚も持ってて、それはきっとお父さんが羽振りが良かったころに誂えたものだと思ってました。終戦直後にその着物を少しずつ売って食料に変えていたのは、生きるために仕方がないとは思ってました。

でも今回売ったのは、鈴さんが祖母から譲り受けた大事な『留め袖』でしょう?
留め袖は、親族の慶事にしか着られない一番格の高い礼装。
それも鈴さんが結婚する前、自分の生家から代々受け継いだ大事なものでしょう?

あれ違うかな?婚家の紋が入ってないとおかしいな。
なんにせよ、道楽で買い揃えた趣味の着物とは重みが違うと思います。

それを福子は「お母さん、留め袖持っていたでしょう」と言って出させたのです。お金に変えて、新しい事業の資金にするためにね…。

留め袖がなくなって、お母さんは、戦争で住む家を失った上に生家との縁まで切れたような寂しさ・心細さだったんじゃないだろうか。塩を作ってどうするの?これからどうするの?と、お母さんが不安になるのは当然だと思うのです。

それに対する福子の態度がひどいと思った。

「しーりーまーせーん!萬平さんが何か考えるでしょ」

はぁ?知らないって、いったいどういうことなの?
萬平さんは、なんらかの見通しを立てようとしているに違いないんだけど、それを知りもしないし、聞いてもいないのか?

「着いてきたのは、お母さんでしょ。克子姉ちゃんの家にいればよかったのに」

お母さんが勝手に着いてきたんだから、着物を出すのは当然だといわんばかり。
だったら、お母さんの留め袖を売ったお金は、お母さんの生活費にすべきじゃないのか? 4人の生活費や事業の資金に当てるとは、どういうことよ?

うーん…。
最近の福子の言動には、どうも共感できません。

まず1つ目。
福子のいうとおり「お金はどうするの」ばかり言ってたら、萬平さんは何もできません。資金はなんとか作らなきゃならない。
だったら、福子も何か収入の道を模索すればいいのに。
せっかく学校を出してもらい、英語にも堪能。ホテル勤務の経験もある。
戦後はアメリカ文化がどっと入ってきた時期だから、この経験は活かせるはず。

ハナちゃんの嫁ぎ先に着物を買ってもらった上に借金までしていたけど、甘えすぎだと思う。先方は嫁の親友だから冷たくできないわけでしょ。

人情を利用するより人のために働いてお金をもらうほうがずっといいのに。
泉大津では福ちゃんの英語力を活かすのは難しいのかも知れないけど、模索しようともしてなかったね。

それから2つ目は、福子は、萬平さんが、萬平さんが。と言ってる割には、萬平さんはどんな事業がしたいのか見通しがどうなのか、具体的な将来の計画を話し合っていないことが不思議。「きっと世の中の役に立つことを…」と福ちゃんが一方的にいうばっかりで具体的に萬平さんがどうしたいんだって話、聞いたことない。

そのわりには「子供を作りましょう」だけは、夜の散歩に連れ出してキッチリ同意させてたのも、なんだかなぁ…。

今日は、萬平さんと福ちゃんはあまり腹を割って会話してないんじゃないか?って気もした。生活費は大丈夫なのか?と聞く萬平さんに、満面の笑で「大丈夫です」と答える福ちゃん。でも萬平さんは、大丈夫じゃないことを察してましたよね。

福ちゃんは萬平さんに対していつも、満面の笑顔なんだけど、最近それが少々不自然に見えて来てます。いつも福ちゃんが「信じています。あなたはきっと世の中の役に立つ仕事を…」と唱えているだけで萬平さんの返事がないなんておかしい。脅迫みたいだし洗脳やマインドコントロールっぽくも見える。

ドラマ制作陣は、福ちゃんを『内助の功』『夫に従い支える妻』として描きたいんだと思うから、わたしの感じる違和感はいまのうちに解消されることを期待するわ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!