まんぷく#15 心身ともに限界の萬平さんだが、生きて福ちゃんに会おうと飯を口にした

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

雨の中、憲兵隊の庁舎に乗り込み、危うく憲兵に逮捕されそうになった福ちゃんでしたが、敏ちゃん、ハナちゃん、恵さん、牧さん、野呂さんが必死になって助けてくれました。びしょ濡れで帰った福ちゃんたちから事情を聞いた鈴さんはびっくりして…。

引用:NHK公式ウェブサイト
スポンサーリンク

心身ともに限界の萬平さんだが、生きて福ちゃんに会おうと飯を口にした

※ここから先は個人的な感想です。

やっぱりお母さんは聞く耳を持たなかったわ。
大勢で押しかけたのも逆効果だったかなぁ。「どうして牧さんがココにいるの?」…ごもっともです(笑)

突然のことに驚いてパニックになったのは仕方ないけど、少し落ち着いてからは、福ちゃんの話を聞いたらどうなの?話を聞いて、理解した上で、反対するならすればいいのに、話を聞こうともしないのね。

「わたしは認めません」
「大体あなたにそんな人を見る目が…(あるわけない)」

ああ、人格の低い人が高い人を支配しようとする悲劇が、ここにも…。
今は、こんなお母さんは放置するしかないわ。福ちゃんと萬平さんの絆を彼女が理解できるわけないし。萬平さんを救い出すために、彼女が何かできるわけでもないし。

とにかく今は、萬平さんを救い出すことが最優先です!!
萬平さん、今日はお顔があまり見えなかったあまりにもひどいことになってTVでは見せられないのかも。床に這いつくばって、ヘッヘッと笑ってたわ(((;゚Д゚)))。ついに精神まで…。あああ早くなんとかしなくては。

いま一番頼りになるのは、牢屋の主・稲村さん。
憲兵に反抗はしないながらも、ジロっとにらみを効かせてくれた。にぎり飯をこっそり食べさせてくれた。稲村さんの笑い声を聞いて救われた気持ちになったわ。この人がいてくれれば、萬平さんは死なないと思う。よろしく頼みます!

その次に望みを託したいのは、憲兵隊のボスね。
この人は、萬平さんが死んだら(共犯者が捕まらなくなるので)まずいと思ってる。取り調べにブレーキをかけてくれるのはこの人しかいない。「戦局は悪化する一方。横流し程度のことに関わってる暇はない」とかなんとか、急に方針を変えてくれんもんだろうか。

福子の周りでも、味方が増えてきました。

まず、世良さん。
憲兵に捕まったと聞いて震撼としてたね。怖さを知ってるって感じだった。
世良さんについて今回わかったことは、子供の頃、兄を亡くしたということ。それから「不幸いうやつは伝染するんや、僕はそういうとこには近づかへん」という発言から、彼が必死で不幸の中から抜け出して生きてきたことが伺えます。

このセリフ本当にイイわ。シビレルわ。
「不幸は伝染する」って、恐ろしいけどある意味そのとおりかも…
不幸な人を助けてあげよう、ではなくて、僕はそういうとこには近づかへん。というのがリアルで良いね。きれいごとじゃないね。

でもいまは萬平さんのために、なんとか!頼みますよー。

竹の原くんも萬平さんを信じてくれてる。
忠彦さんも、黙って絵を描きながらも、いろいろ察して案じてくれる、繊細な人。
後悔のないように生きたいという真一さんも、福ちゃんを応援してくれてる。
みんなが応援してること、萬平さんに伝わればいいんだけど…。

それにしても許せんのは加地谷!!
萬平さんが戻ってこれても、この人とはもう決裂ですね。
世良ちゃんと一緒に仕事しましょうよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!