越路吹雪物語(46) 時子の母が入院…なぜコーちゃんに知らせない?

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

ダイジェスト

歌番組に出演する日の朝、時子(市毛良枝)から珍しく「迎えに行けない」という連絡が入り、美保子(大地真央)はひとりでテレビ局へ。そこで、美保子は時子が最近、美保子についてのグチをこぼしているというウワサを聞く。
その後、時子は遅れてスタジオにやって来るが、美保子は前夜、時子が自宅に帰っていないことを見抜いて…!?

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/koshiji/story/0010/

スポンサーリンク

時子の母が入院…なぜコーちゃんに知らせない?

※ここから先は個人的な感想です。

今日は不安なことがいくつか起こりましたね。

不注意なひとたち

TV局のヘアメイクさん。岩谷さんの噂、本当かしら?なんてうっかり口を滑らせるから、コーちゃんも聞かずにはおれない。

「岩谷さんが愚痴ってるって。いまだに送り迎えしなきゃいけないとか、内藤さんに気を使うとか。給料が安いとか」

…アカンよ、そんなことしゃべったら(笑)。職業柄いろんな話が耳に入ってくるだろうけど、全部左から右に聞き流さないと。誰に何を聞かれても「知らない」で通さないと。

次に、スタジオに居た須崎さん
昨晩、時子に急な仕事を頼んでやってもらったとコーちゃんに話す。それはいいけど、

「もしかしたら昨日、家に帰る時間なかった?服が昨日と一緒だから」

…また余計なことを言う人がここにも(笑)。しかも大声で

最後に、岩谷家のご近所さん
コーちゃんに「岩谷さん大変だったのよ~」と昨晩の出来事を話し、時子の母の入院先の病院も教えた様子。

…これはOKですね。越路吹雪が岩谷時子を心配して家まで来たことは明白だしね。

ホントのところ、どうだったんだろう

時子は「家に帰ったけど、今朝ボーッとしてて同じ服を来て来ちゃった」という。コーちゃんは、それは嘘だと。服装に気を使うお時さんがそんな訳ないでしょ、全部言えとは言わないけど、嘘をつかれるのは悲しすぎる、と。

実際のところ、ゆうべ時子はお母さんの緊急入院で大変だったのでしょうね。でもなぜ、それをすぐコーちゃんに言わないでじっと黙っているんだろう?

わたしも、これはちょっと冷たいと思った。時子のお母さんはコーちゃんにとってもお母ちゃんなんだしね。時子の表情からは何も読み取れない。市毛良枝さんになってから時子がわかりにくくなったような気もする。

あとがき

コーちゃんは、時子の家に出かけようとして、カーペットの端につまずいて転びそうになった。いったいどうしたの?

お年寄りならともかく、コーちゃんがカーペットの端でつまづくなんて。宝塚仕込みのダンスで鍛えた足腰は、そんなに弱いわけないでしょう?咳込む様子もあって気になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!