越路吹雪物語(44) 売れっ子作詞家になった時子とコーちゃんの間に、初めて冷風が

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

ダイジェスト

越路吹雪と内藤法美(ないとう つねみ)は結婚後、新しいマンションに引っ越した。内藤法美はラテンバンドを止めて、作曲家・編曲家として活動していた。

岩谷時子は作詞家としての仕事がどんどん増えていた。しかし時子は、越路吹雪のマネージャを最優先。コーちゃんにとって越路吹雪リサイタルは、時子の作詞と内藤の編曲を得て作り上げた大切なものとなった。

時子が詩を書いた歌謡曲『月影のナポリ』は大ヒットし、岩谷時子は先生と呼ばれる売れっ子作詞家に。

続いて『ビキニスタイルのお嬢さん』『ふりむかないで』『ラストダンスは私に』『ウナ・セラ・ディ東京』『夜明けのうた』『サン・トワ・マミー』などのヒット作を書き続け、岩谷時子はレコード大賞作詞賞を受賞。

コーちゃんは、多忙な時子を少しでも楽にしようと付き人を雇おうとしたが、相談なく話を進めたことが時子の気に障った。

スポンサーリンク

売れっ子作詞家になった時子とコーちゃんの間に、初めて冷風が

※ここから先は個人的な感想です。

コーちゃんは、結婚して少し変わったかも知れないなぁ(魅力的でない方向に)。

時子の気持ちわかる

「わたし聞いてないわよ。それ内藤さんの考えなの?内藤さんがそうしろって言ったの?」

うん。わたしは時子の気持すごくわかるなぁ。わたしなら怒って帰るかも。

コーちゃんは、これまではなんでも一番最初に時子に相談して頼ってました。恋愛のことまで全部助けてもらって、内藤さんと結婚するまでの間も全面的に時子に頼っていた。

それなのに、結婚したとたんコロッと態度が変わったコーちゃんは、時子に相談もしないまま付き人を用意。事務能力のないコーちゃんがひとりでそんなことできるはずもなく、案の定、内藤さんの紹介だという。

これ、①当事者である時子に無断 ②コーちゃんは頼る相手を鞍替え という2つの理由でムッとしますよ。

コーちゃんと内藤さんは最も親密。コーちゃんと時子は姉妹同然。でも、内藤さんと時子は親密でもなんでもないんです。コーちゃんはそれを分かってないし、自分の心が変わったことも意識してない。

楽曲リスト

今回は、岩谷時子の作品としてドラマ中で紹介された曲を紹介。越路吹雪の時代は、洋楽に日本語の訳詞を付けて歌うのが流行ったのですね。

月影のナポリ(森山加代子)

初めて知りました、この曲。越路吹雪の時代にこんなロックンロールは日本になかったと思うので、原曲は何だろう?

原曲は、イタリアのミーナという歌手の歌のようですね。

ビキニスタイルのお嬢さん(ダニー飯田とパラダイス・キング)

ダニー飯田…存じ上げませんでした。ハワイアンの音色だわ。

原曲はアメリカンポップスですね。歌はブライアン・ハイランド。
Itsy Bitsy Teenie Weenie Yellow Polka-Dot Bikini

ふりむかないで(ザ・ピーナッツ)

アメリカン・ポップスかと思ったら、作曲は宮川泰さん。

ラスト・ダンスは私に(越路吹雪)

昭和38年の紅白歌合戦。かっこいいなぁ。貫禄あるなぁ。

ウナ・セラ・ディ東京(ザ・ピーナッツ)

昭和44年の紅白歌合戦。アイドルだってこんなに歌がうまかった。音響技術でごまかすなんてなかった。

夜明けのうた(岸洋子)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!