越路吹雪物語(38) コーちゃんは内藤法美に恋の告白をし、二人はお付き合いを始める

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

ダイジェスト

コーちゃんは内藤法美に好意を抱くようになり、これまで通り時子に恋の飛脚を頼んだ。仕事の依頼は自分でできるのに、恋に関してはダメらしい。

劇場を訪れた時子は、控室の内藤法美にコーちゃんからの手紙を渡した。

その日の夜、内藤はコーちゃんを呼び出してこう告げた。

あなたは大スター越路吹雪。僕はただのピアノ弾き。
僕達が付き合ったら、世間は『スターに取り入った男と、見る目がない女』だというかも知れない。そのことを覚悟してください。
河野美保子さん、僕と付き合ってください。

実は内藤もコーちゃんのことが好きだったのだ。
喜びに包まれるコーちゃん。

コーちゃんの歌と内藤の楽曲アレンジ。時子の歌詞。
三人は才能を寄せ合って、大スター越路吹雪を作りあげていった。

スポンサーリンク

コーちゃんは内藤法美に恋の告白をし、二人はお付き合いを始める

※ここから先は個人的な感想です。

コーちゃんは文章を書くのが好き?

コーちゃんは、八重ちゃんともずっと文通してたし、旅先から時子に手紙で逐一報告していたし、日記も書いていた。勉強嫌いだったのに文章書くのは好きみたいですね。

恋の告白もやっぱり手紙。そして飛脚は時子(^^)

男性の後ろ姿は正直です

内藤さんの気持ち、わかります。越路吹雪は大スターですからねえ。
いくらコーちゃんを好きでも、なかなか付き合ってくれとは言い出せないと思う。世間体も気になる。

だから、コーちゃんのほうから告白したのは正解でした。
コーちゃんは、世間体とか釣り合いとかは気にしない、好きだという純粋な気持ちだけで行動する人だと思う。それが良いほうに作用して、受け入れてくれる相手で良かったよね。

別れ際に、男の人の後ろ姿を見るのは良いと思うよ。顔の表情よりも言葉よりも、後ろ姿に本当の気持ちが出るからね。

内藤さんの後ろ姿からは「嬉しいな。幸せだな」の気持ちが出てました。

時子のお母さん、気になるなぁ

時子のお母さんは、なんだか調子が悪そうです。
コーちゃんの新築祝いのときも疲れて寝てしまったりしたし、今日もご飯作れないほど疲れてるようです。どこか体が悪くないといいのですが。

あとがき

明日から、コーちゃんは大地真央さん、時子は市毛良枝さんにチェンジになるようです。

わたしは瀧本さんも木南さんも好きだったし、とても良かったと思います。名残惜しいなぁ。どうもお疲れ様でした。

キャストが変わって、コーちゃんは大スターの風格がよりリアルになるでしょうね。時子も、これまでは岩谷家の一人娘という雰囲気だったけど、もっと職業婦人らしくなりそう。楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!