越路吹雪物語(17) 時子の父逝去。片桐八重子は満州へ。大切な人との別れ

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

岩谷時子の家。
親子三人は川の字になって寝る。思い出話をする母と時子。
静かに夜が更けていき、時子・お母さんと手を繋いだまま、お父さんは静かに息を引き取った。

コーちゃんと八重子は喫茶店に入るが、コーちゃんは隣の席の帝大さんが気になってしかたがない。『名前を聞いてきてあげようか?』と八重子は言うが、そうこうしている間に帝大さんたちは店を出ていってしまった。

寄宿舎にふとんを並べて語らうコーちゃんと八重子。
八重子は、昔コーちゃんがくれたコスモス柄のハンカチを出して、ここにサインしてくれという。実は八重子は、借金を肩代わりしてもらうかわりに満州に嫁にいくことになっており、コーちゃんにお別れを言いに来たのだった。

なぜ八重ちゃんばかりそんな目に合うの?そんなのいやだ!
コーちゃんは泣きじゃくった。

スポンサーリンク

時子の父逝去。片桐八重子は満州へ。大切な人との別れ

※ここから先は個人的な感想です。

いつかは、必ず別れなければならない。
その時が来るのは悲しいですが、別れは『愛』の経験でもあるんですよね…。

時子のお父さん逝く

時子のお父さんは、心臓が悪かったんやね。
最期のときを家族三人で、川の字に寝て、手をつないで、幸せな思い出ばなしをして過ごした岩谷家。

『よく頑張ったわね』お母さんの言葉には愛が溢れていました(;_;)。
お父さんは幸せだったと思う。わたしもそうしたいと思います。

八重ちゃんの大胆さ

わたしも、びっくりしたわぁ。
喫茶店で帝大さんが後ろのテーブルにいてコーちゃんがそわそわしてるとき、『名前聞いてきてあげようか?』という八重ちゃんに。

気軽に、いまにも立ち上がって聞きに行きそうだったしね。
喫茶店に入る前には、みすぼらしい自分が恥ずかしいとか、店の人にどう思われるだろうとかさんざん気にしていたのにね。

八重ちゃんは『わたしはここに住むひとじゃないから、夢の世界だから』大胆になれたのかもね。と言ってたけど、もしかしたら「満州に嫁にいく」という大きな運命の分かれ道を前にして、怖いものが無くなったのかも知れないなぁ。

なぜ八重ちゃんばかりが…八重ちゃんの諦観

八重ちゃんは、借金を肩代わりしてくれるという約束で満州の役人のところへ嫁に行くというのです。

この時代、日本は満州に進出し立国することになるから、満州へ行くひとはたくさん居たのだと思います。その後、日本は敗戦し満州からの引き上げは辛苦を極めたのですよね。財産も金銭も全部取られ、道中で死ぬひとも多くいた。多くの中国残留孤児が発生した。

八重ちゃんの人生も、苦労が多いものになるような気がします。

コーちゃんは、なんで八重ちゃんばかりそんな目に合うのか、と大泣きしますが、八重ちゃんは『仕方ないよ、そういう風に生まれて来ちゃったんだね』と平静に言う。

八重ちゃんは、諦観(ていかん)しているのでしょうね。
静かに自分の生まれもった宿命を悟り、諦めて、受け入れているのです。

嘆くでもなく、親や天を恨むでもなく、静かに諦めて受け入れている。
長い修業の末に悟ったのではなく、この若さで自然に、ここまでの境地に達している八重ちゃん。八重ちゃんの人生は、最初から厳しい修行やったんやね。

あとがき

『別れ』の描き方がとても良かった。
セリフひとつをとっても、ストーリーのつながりを観ても、ひとつひとつのシーン単独で観ても、すべてにおいて『越路吹雪物語』は『わろてんか』より上質です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『越路吹雪物語(17) 時子の父逝去。片桐八重子は満州へ。大切な人との別れ』へのコメント

  1. 名前:Zeo 投稿日:2018/02/01(木) 19:55:29 ID:2f26210c4 返信

     ご感想拝見しました。全く同感です。近年まれに見る秀作帯ドラマだと感じております。とにかく、ドラマの核となる脚本が素晴らしので、ストリーに無駄がなく、心地よく美しい。演出も、カメラも、キャスティングもいい。
     架空の人物と言われる八重子を介して、時代を語り、当時を共有する視聴者の多くの脳裏に潜む、幼い日の重い記憶を呼び戻します。その結果として、視聴者である我々を深い感情移入に導きます。
     17話で、美織ちゃんが滝の様な涙を流しながら語るシーンは、彼女をキャスティングした際にスタッフが想定していたシーンだったに違いありません。美織ちゃんは、見事にその期待の応えました。美織ちゃんを知らない人にとって、あの涙の量は驚きますよね。美織ちゃんは、リハーサルでも同じように泣いてしまうのです。
     本作が帯びドラマで本当に良かったと思います。こんなに素晴らしいドラマを、1週間待つことなど出来ませんからね。

    • 名前:simizuy 投稿日:2018/02/02(金) 09:01:44 ID:94d8ba2d7 返信

      おはようございます。
      わたしはこの時間帯の「帯ドラマ」を初めて見たのですが、近年まれに見る秀作なのですね(^^)。幸運でした。
      どのワンシーンも、しっかりした時代考証が背後にあると感じます。地味なドラマなので忙しい人・刺激的な映像に慣れた人たちがどう感じるのかわかりませんが、もっと多くの人に見てもらいたいと思って応援しています。

error: Content is protected !!