越路吹雪物語(16) 片桐八重子が突然、宝塚にやってきた

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

時子は、電話を受けて急いで帰宅した。
時子の父が危篤状態になっており、明日の明日まで持つかどうかわからないという。
『大きな病院に入れると一日くらい延命するかもしれない』という医者の提案を断り、時子と母は、家で父を看取る覚悟を決めた。

コーちゃんは、宝塚大劇場の前に立たずむ片桐八重子の姿を見つけた。
八重子は、急に休みが取れたから遊びに来たのだという。

再会を喜ぶ二人は、一緒に大劇場で宝塚の公演を観た。
初めての宝塚歌劇に大感激する八重子。

次に、コーちゃんは八重子を喫茶店につれていった。タカちゃん・天代麗に連れていってもらった店。上等なティーカップの紅茶がとびきりおいしい店だ。

気後れして、なかなか喫茶店に入ることができない八重子。
そのとき、二人の目の前に、コーちゃんの一目惚れの相手・帝大さんが現れた。

スポンサーリンク

片桐八重子が突然、宝塚にやってきた

※ここから先は個人的な感想です。

時子、お父さんとの別れが近い

時子のお父さんが危篤…
悲しい予感は当たりました。
でも明日の朝まで持たないかも知れないなんて、急すぎますね。

病院での延命を断って、家でお父さんの最期を一緒に過ごそうと決意した母子。
わたしも同じ立場だったら、きっとそうすると思う。お父さんもそうしたいと思っておられると思います。

すでに覚悟はしていたようで、時子もお母さんも取り乱していません。
静かに、お父さんに寄り添う姿が美しいです。

八重ちゃん、なぜ急に?

八重ちゃんは、なぜ急に休みが取れたの?
なんで連絡もせずに来たの?
もしかすると、連絡している暇がなかったのでしょうか。あの冷たい奉公先が急に休みをくれたというのも不自然ですし、きっと何かわけがありますね。

しかし八重ちゃん、ちょっと痩せ過ぎてないですか?
頬がげっそりしています。以前はこんなことなかったように思うけどなぁ。八重ちゃんは着物がみすぼらしいと言って気後れしていたけど、着物より痩せすぎのほうが痛々しいわ。ちゃんとご飯食べてるんだろうか?

楽曲リスト

今週のテーマ曲は、『ラストダンスは私に』。大地真央が歌っています。
大地真央さんもいいけど、わたしは越路さんのほうが好きだな。越路吹雪さんのは、声の中にすべての感情がこもっているような感じがするんです。

あとがき

コーちゃんと八重ちゃんは宝塚歌劇を観て感動していたけど、舞台のシーンはまったくありませんでした。八重ちゃんの頭の上に、漫画の吹き出しみたいにちょっと映像が出ただけ(^_^;)。制作費が足りなくてこうなっちゃったんでしょうね。

『越路吹雪物語』は、制作費が少なくても良質なドラマはできる。ということを示しています。NHK朝ドラマ制作部は猛反省してもらいたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!