越路吹雪物語(9) 再試験に合格しないと落第。ピンチのコーちゃんの前に大スター登場

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

声楽教師・伊藤登(中村俊介)から、ダンスと日本舞踊の再試験に合格しなければ落第だと告げられたコーちゃん(瀧本美織)

再試験まで1週間。友人のツメとオカジはコーちゃんを応援する。
下級生たちも心配している。コーちゃんは下級生のあこがれの存在らしい。

八重ちゃんから手紙が来た。
炭問屋で力仕事をする八重ちゃんは、コーちゃんの初舞台を見てコーちゃんにサインをもらうのを楽しみに頑張っているのだ。

岩谷時子は母と一緒にまた宝塚を観に来て、コーちゃんを目撃した。
時子は投稿した詩が毎回雑誌に載るような文学少女だが、このたび就職することになった様子。

オカジとツメは休日も返上してコーちゃんを特訓するが、合格までの道のりは遠い。伊藤先生は、気分転換にとコーちゃんを駅前食堂に連れていってくれた。

ある日、コーちゃんは歌劇団の人から呼び出され、伊藤先生とつきあってひいきしてもらっているんだろうと責められる。

そこに、宝塚歌劇団の天代麗(たかよ れい)が現れ、コーちゃんに話があるという。天代麗、愛称『タカちゃん』は花組の大スターだ。

スポンサーリンク

 再試験に合格しないと落第。ピンチのコーちゃんの前に大スター登場

※ここから先は個人的な感想です。

大スター・タカちゃんの登場シーン。あれが宝塚ですね。思い出したわ(^^)

オカジ(咲妃みゆ(さきひ みゆ))さんのバレエ特訓

コーちゃんの友人オカジ(加治信子、芸名:乙羽信子)がバレエの特訓をしてくれるのですが…

美しく踊るオカジ。素晴らしい!体の使い方が根本から全然違いますね。
オカジを演じる咲妃みゆ(さきひ みゆ)さんは、宝塚月組出身の方なんですね。やっぱりすごいわぁ。

瀧本美織さんだって運動神経良いはずですけど、バレエは難しいですよ~。やっと手と足のタイミングが合っても回転軸がドンドンずれていって(^^;) リアルに大変そう。

岩谷時子は文学少女

岩谷時子はいつもお母さんと宝塚歌劇を観に来ています。岩谷家では時子とご両親の三人で暮らしている様子。

ひとりっこなんでしょうかね。ご両親は時子がかわいくて仕方がない。洋服もお母さんが見立てているようです。お父さんが病弱なため、時子は大学院には行けないということですが、大学まで行けたのなら恵まれた家庭ですね。

一方では、八重ちゃんのような少女もいるのです。
秋田の炭問屋で力仕事の毎日。暗い小屋でおにぎりを頬張る八重ちゃん(T_T)。

天代麗(たかよ れい)登場!

コーちゃんが歌劇団の人たちに取り囲まれ責められているところへ、タカちゃん(高城幸子 芸名:天代麗)が現れました。

大スターの登場に、座っていた劇団員はみな立ち上がってさっと脇へ避けます。
タカちゃんはコーちゃんを観てニッコリし、ゆっくりコーちゃんの目の前まで歩いてきました。光り輝いてます。舞台を降りてもスターなんですね。

コーちゃんは、あこがれのタカちゃんに『ちょっと付き合ってもらえる?』と声をかけられて、ボーっとしてます(^^)

タカちゃんを演じる音月 桂(おとづき けい)さんは、宝塚歌劇団雪組のトップスターだったんですね。この人は美男子やわ~。コーちゃんがぼうっとなるのも解るわ~。

あとがき

わたしも、宝塚また観たくなりました。
宝塚の男役スターは女の子のあこがれですからね。
タカちゃんの舞台観たいなぁ。音月 桂さん初めて知りました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!