越路吹雪物語(2) コーちゃん(河野美保子)は父の転勤で新潟に転校

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

父・友孝(尾美としのり)の新潟転勤が決まった。入院中の姉・真佐子(渡邉このみ)と小さい弟妹を妻・益代(濱田マリ)に任せ、友孝は美保子(岩淵心咲)を連れて2人で新潟に行くことを決意する。母と別れる朝、美保子は…。

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/koshiji/story/0001/

スポンサーリンク

コーちゃん(河野美保子)は父の転勤で新潟に転校

※ここから先は個人的な感想です。

越路吹雪さんが宝塚では『コーちゃん』と呼ばれていたのは、本名『こうのみほこ』のニックネームだったのですね。

昼ドラマの雰囲気にちょっと慣れてきた

さて今日で二話目。昼ドラマの雰囲気もちょっと解ってきました。

どうしてもNHK朝ドラマと比較してしまうんですが…

  • 静か。BGMが主張してこない。
  • 大げさな演技も派手な演出もなく、淡々とお話が進行する。
  • 登場人物は、みんな良識のある市井の人。
  • 新潟の村など大きな風景はイラストで表現。

全体的に、嫌みや不快なシーンもない代わりに、とりたてて派手に面白いシーンもなく、落ち着いた感じで、悪くないです。なるほど~お昼すぎにほっと一息入れたときに見るのにふさわしいですね。

新潟ってお肉が美味しいの?

コーちゃんにとって新潟は『雪が降って、お肉が美味しい』ところだそうです。
ほんと?お肉美味しいの?知らなかった。

新潟に転勤になったお父さんの下宿先は、古民家。
下宿のおばさんは村山静(宮崎美子)さん。いい人そうです。

引き続き、明日も見ます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!