ひよっこ 9/22(金) ヒデとみね子はこれで良かった?いまさらですが島谷ロス

はじめに

このドラマの出演者について、わたしは特に誰のファンというわけでも、誰がひいきということもありません。なのでニュートラルな気持ちで見ていました。

そしてずっと、みね子のお相手は島谷くんではなくてヒデが良いと思っていました。
いまもそれは変わりません。

…ですが、いまごろになって、島谷くんが思い出されてならないのです。

バラ園でのラブラブシーン

…最初に謝っておきます。楽しく見ている人の気持ちに水をさすつもりは本当にないの、ヒデ君ファンの人にも、ごめんなさい。

今日の、ヒデとみね子がバラ咲く公園でラブラブのシーンですが、
お互いの告白のドタバタぶりを笑いあう2人。
そして2人は、隠れ追いかけじゃれ合いながらダンス、そしてハグ…

ええっ。なんですかこれ『お母さんといっしょ』のワンコーナーを見てるみたい!
…会話だけでは間がもたないから、ダンスで演出しようとしたのでしょうけど、ダンスもうまくないし。

ヒデ君、その空虚なわらい声、いったいどうしたの?
ヒデ君の不審者感がますますつのります。

わたしはこれまで、ヒデ君のことを『不審な感じに見える』と書いてきました。若い俳優さんをけなしたくないので婉曲に表現していたのですが…
もう正直に言ってしまいますね!

磯村勇斗さんが、演技ヘタなのです。

ヒデ君、セリフない頃が良かった

すずふり亭の厨房で働くヒデ君はよかったです。
料理の手つきもうまいし無心な姿がよく伝わっていました。

セリフを言うと、どうも、アカンのよねえ。
この心配は『これからは、みね子と呼ぶね』あたりから、始まっていました。佐賀へいったりみね子を励ましたり、セリフがあるたびに心配が確信に変わっていきました。

ヒデ君が話すと、お芝居に引き込まれないのでセリフがすごく長く感じてしまいます。でも短いセリフで表現するのは技術的にもっと難しいしね。有村架純さんが、やりにくそうに芝居しているのも伝わっていました。わたしが『間がもたない感じ』と書いていたのは、そういう意味でした。

いまさらの、島谷くんロス

わたしは島谷くん(竹内涼真さん)を懐かしく思い出します。

彼は言葉の少ないキャラクタなので、そんなに長いセリフはなかったと思いますが、竹内さんは演技うまかった。

最後の月時計のシーン、みね子に突き放されたあと、ほとんど何も言葉がないのに島谷くんの辛さ悲しさ・恥ずかしさまで伝わってきました。なのでわたしも島谷くんの運命に同情し、幸せを祈る気持ちになれたんです。

島谷くんは一生、みね子のことを忘れないと思うな。あんな言葉で自分を叱ってくれる人は他にいないでしょう。貧しく育ったみね子だから言える言葉でした(あのときの脚本は良かったなぁ)。離れていても他の人と結婚しても、島谷くんとみね子はよい出会いをしたのです。これも素敵な縁だと思います。

いっぽう、ヒデ君とみね子は、人物設定上ごく自然なカップルなのに、わたしも応援していたのに!どうも将来が想像できないし、幸せを祈ろうという気が起こりません。

恋が終わりました

スポンサーリンク

あとがき

ドラマもあと一週間なので、わたしも思い残すことがないように書きました。ごめんなさい。
磯村勇斗さん、まだまだこれから時間はいっぱいありますから、経験を積んで成長できますように祈ります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!