ひよっこ 9/19(火) 世津子と実が暮らした日々は、2人だけの秘密になった

ダイジェストをスキップする

ダイジェスト

あかね荘、みね子の部屋。

世津子はみね子に告げた。
『雨男さんとわたしの過ごした時間については、誰にも話すつもりはない』
『お医者さんは、記憶が戻ったら私のことは忘れるだろうと言った。そうなれば、わたしだけの想い出になる』

複雑な思いで聞く、みね子だった。

奥茨城の谷田部家では、実が改まった様子で美代子に話があるという。
これまで触れないでいたが、東京での暮らしについて話しておきたい、という。
美代子を思いやってのことだった。

しかし美代子は、聞きたくないという。
誠実でまじめで、女心がわかってない実さん。昔と変わっていないね、と笑う美代子。

あらためて美代子をかわいいと言う実。

実は『美代子が好きだ。一緒に生きていきたい」といい、美代子は『よろしくお願いいたします』と答えた。この2人は、結婚したときにも同じ言葉を交わしたのだ。二回もあるなんて嬉しい、わたしは幸せものだと美代子は言う。

後日、美代子は実の『美代子が好きだ。一緒に生きていきたい』のモノマネをして面白おかしく君子・きよに報告した。きよと君子も自分たち夫婦ならどうなるか演じて笑う。奥茨城母の会は賑やかに続いていた。

感想

これで、世津子と実の過ごした間のことは、(たぶん)永遠に2人だけの秘密になったわけです。
これでいいのかな…複雑な気持ちが残る、終わりかたです。

脚本家さんが表現したかったのは、このエグさだったのかもしれないな。
脚本家と心が通じたような気がするわたし。

世津子はやっぱり身勝手

世津子のいうには、『記憶が戻ったときには、私とのこと(記憶を無くしていた間のこと)を忘れてしまう』のだと。お医者さんが言ったというのです。

コレ、医学的に正しいの?
ものすごく疑問ですが、まあそういうことにしておきましょう。

実の記憶が戻れば、雨男さんとの二年半は私だけの思い出になる。と世津子はいうのですが…
まーなんちゅう都合のいいことをいうのかね。二年半も谷田部家に苦しみ悲しみを与えていたことはもう忘れたな。

でも人間ってこんなもんです。みんな自分のために生きてるんだし。ただ、それを谷田部家の娘に言うとはなぁ…

わたしは、みね子が世津子をあかね荘に連れてきたことが非常に気持ち悪くって、そこからずっとみね子も世津子も気持ち悪いです(いくら菅野美穂さんでも)。

なので世津子がいまさら何を言っても、へえそうなの、と思うだけ。心にひびくものはありません。

実の記憶が戻らないまま一緒に生きていく2人

実の記憶は戻っていないし、世津子とのことも覚えています。
(これからも「記憶の逆転」現象が起こらないかぎり忘れません)

実は、世津子との暮らしについて美代子に話しておこうとしたのですが、美代子は聞きたくないという。女心がわかってないと。

そうかなあ?
わたしは女性ですが、わたしなら聞きたいです。
ぜんぶ聞いたうえで、仕方なくそうなったんだというように、自分にとって都合のいい解釈をして収めると思う、時間がかかっても。本人の口から聞かないと、自分の想像力に苦しめられて、ずっとわだかまりが残りそう。

…わたしのことはどうでもいいですね。
結局、実さんは記憶が戻らないまま(世津子のことを覚えたまま)、美代子とこれから一緒に生きて行こう(結婚しよう)とあらためて決意するのです。美代子も、よろしくお願いします、と答えました。いいシーンでした。

一緒に生きていこう

奥茨城母の会で、感動がだいなし

後日、美代子さんは奥茨城母の会をひらいていました。
そして、実さんの『美代子が好きだ、一緒に生きていきたい』のマネをして、面白おかしく報告し、君子・きよに大ウケしていました。

ああ~。数秒前までせっかく良いシーンだったのに、これでぶちこわしです。

実さんの真心がこもった大事な言葉だったのに…
何でも茶化してベラベラしゃべって、女子会のネタにするのですか。2人の決意も涙も、いったいなんだったの?

ドラマ制作の人、大失敗しましたね。
ねらいは良くわかりますが、見せ方がまずかった。

実が記憶障害になった原因は?

わたしがずっと気になっていたのは、実さんが記憶障害になった原因です。何度もブログに書いていたとおり、以下の2つが事実としてありました。

  • 『実の記憶障害は、どうしようもなく理不尽で辛く悲しいことがあり、思い出したくないという心の作用』だと医者が言った(世津子の手紙)
  • 奥茨城に戻ってから、実はたびたび、夜中にうなされていて、とてもとても悲しそうだった(美代子談)

引ったくりに会い、仕送りのお金を奪われ殴られたことは、悔しく悲しいできごとですが、それは災難であり、どうしようもなく理不尽なできごととまではいかないでしょう。また、とても悲しそうにうなされるというのも、ただごとではない雰囲気。

多分、何か大事件があり世津子が関与していたのではないか。わたしはそう思っていたのですが、明らかにされませんでした。もし大事件を世津子が秘密にして生きていくというのだったら、それもすごく面白いドラマです。

スポンサーリンク

あとがき

わたしの妄想ですが、こういうのはどうでしょう?

実さんは結局ずっと世津子のことを忘れられないまま、長生きした。
ずっと誰にも世津子の話はしなかった実さんだが、死ぬ前に孫を呼び出して世津子との思い出を語ってきかせた。
実さんの死後、孫はまだ存命中の世津子を訪ねる。世津子は伝説の大女優になっていた。世津子は孫から実さんの言葉を聞き、遠い昔を愛おしむ。

いいと思うんだけどな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!