ひよっこ 9/13(水) 時子のリハーサルに集まった人たち

ダイジェスト

時子のツイッギーコンテストのリハーサルのために、すずふり亭の裏庭に女性たちが集まってきた。男性たちはすずふり亭から出ないようにと指示されてしまった。

リハーサル開始までの間、集まった人々は近況報告や昔話などしながら思い思いに過ごしていた。富さんはアパートの中からみんなの声を聞いている。

ヤスハルのレコードがかけられ、リハーサルが始まった。
バックステージでじっくり集中した時子は、笑顔になって観客の前に登場した。

特設ステージの上を歩き、ポーズを取る時子。
拍手喝采で迎える女性たち。
男性たちは、すずふり亭の中でゴーゴーを踊る。

時子は、練り直した新しい自己アピールを行った。

日本中の!いや世界中の女の子たち、女性たち!
いろいろ大変だね。女として生きていくのは。
でも、でも!
女の子の未来は私に任せて!
みんな私についてきて!

助川時子、最高~!!
抱き合って喜ぶ女性たち。

感想

いよいよ時子のツイッギーコンテストのリハーサルが始まりましたね。
今日は、リハーサルに集った人々の近況をまとめることにし、リハーサルの感想は明日にします。リハーサル、明日も続くようなので…

中華料理屋の夫妻

かつてのギョウザパーティのあと、何かを決心した様子だった中華料理店の五郎さんと安江さん。今日はなんと『養子を迎えるつもりだ』というのです。柏木堂の親子をみていて何の問題もないことがわかったからと。安江さんは、かわいい女の子がいいと。五郎さんは、仲良くしてやってくれと。

驚きました、いまから養子をもらう話とは。
ヒデを養子にして店を継がせるのかと思ったけど、可愛い女の子と言っているので違いますね。由香やみね子のはずがないし、もっと幼い女の子でしょうね。

いまからまた登場人物が増えるのでしょうか?
わざわざ発言があったのですから、なにかしらの形で明かされるものと思います。

 富さん

富さんは、部屋で休んでいました。
最近張り切り過ぎちゃった、とのこと。

富さんは、1月くらい前に、昔の恋人が亡くなってお葬式に行った。
普通、それだけでも疲れますよ、どっと。

そのあと、洋服に着替えて歌って踊ったりしたあとに、世津子の受け入れがあった。大家さんとしては、雑用がたくさんあったはず。世津子が落ち着いたあとも、愛子と世津子がやかましくて眠れなかったかも知れない。その上で今回の時子のリハーサル騒ぎです。
これはもう、疲れて当然だということでしょう。(亡くなったりはしないと思います)

安部米店

三男はひとり、安部米店で留守番でした。本番は見に行くそうです。
さおりは、ミニワンピース姿で人見知りしながら登場。
そりゃそうですよね、みね子と時子以外は全員初対面です。

みね子に『友だちです』と紹介されています。
さらに時子のことも呼び捨てです。
いつの間にそこまで親しくなったのかは不明ですが…

 柏木堂

お父さんは、自分が漫画に出ていないことが不満です。重要人物なのに。
ヤスハルは、みね子にはけっこう関わっているから出ているだろう?と聞きますが、特に特長がないから描いてない、と言われてしまいました。

三宅裕司さん、小さな芝居が上手くて…見入ってしまいます。

由香は、久し振りにあったひとたちと交流。
到着してまっさきに富さんのお見舞い。富さんは由香をかわいがってくれたのでしょう。今度はおみやげをもってくる、と約束しました。中華料理店の安江さんには、可愛いかわいいとくすぐられていました。

月時計

邦子さんは、昼の赤坂は久し振り、とのこと。
あれ?月時計は、赤坂の商店街じゃなかったのかな?

乙女寮

幸子の夫である雄大先生はウィーンに行ってるとのこと。『若い芸術家を海外で学ばせようという取り組みがあり』、その関係でということです。
しかし雄大さん、いつの間に芸術家になったのだろう?
向島電気が倒産したころは、工場で働いていたと思いますし、その後の乙女寮の同窓会でも芸術家になったという話は出なかったのですが。

澄子は、お婆ちゃんを東京に引き取ることにした、お婆ちゃんも澄子と一緒に居たいと言ってくれたとのこと。澄子を大事にしてくれたお婆ちゃんと一緒に暮らせるようになって、良かった…のですが、
澄子、せっけん工場の社長さんと一緒に住んでるよね?社長さんの家は出るの?東京の家賃は高いよ、2人暮らしの部屋借りれるの?

豊子については、長くなりますので、別の記事に書きます。

その他のひとたち

漫画家たちは、みね子を主人公にした漫画を描いていることを、周囲の男性陣に知られてしまいました。ヒデが口を滑らせたのです。漫画も見られてしまい、元治や省吾からは不満の声を浴びました。

世津子はアパートの中にいましたが、リハーサルが始まると出てきて一番後ろで見ていましたし、一緒に手を取り合って盛り上がっていました。帽子を被っているだけで変装もせずに。初対面の女性たちに気がつかれないはずないと思うのですが…

スポンサーリンク

 あとがき

今日は、ヤスハルのレコード機材が壊されなかったので、ほっとしています。
でも明日もあるようなので油断はできません…
わざわざ大写ししてましたから、イヤな予感はします。

時子が登場するときにかかっていた曲、男性たちが踊った曲。
♪真っ赤なドレスを君に 作ってあげたい君に

これは、『いとしのマックス』 by 荒木一郎 です。

『Hey hey macs won’t you be my love, そして君と踊ろう』という歌詞、子供だったわたしは『へへいま、おっといまいま、そして君と踊ろう』と歌っておりました(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!