半分、青い。9/18,19(火,水) 律が寝ているスキに欲望を満たそうとするすずめ

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

花野(山崎莉里那)のひと言から、ついにそよ風の扇風機完成への糸口を見つけた律(佐藤健)。時がたつのも忘れるほどの集中力で風の速度を計算し続ける。一方、見守るしかない鈴愛(永野芽郁)は手伝いで訪れた正人(中村倫也)とともに食事に出かける。そこで正人は、意外な申し出を…。そんな中、津曲(有田哲平)の息子・修次郎(荒木飛羽)がシェアオフィスを訪ねてくる。自社の倒産を息子にひた隠している津曲は…。

そよ風の扇風機の生産ルートを確保しようと、津曲(有田哲平)から紹介された工場を訪れる鈴愛(永野芽郁)。ところが、実績がないことを理由にまともに取り合ってもらえない。鈴愛が苦労しているのは開発が遅れているせいだと自分を責める律(佐藤健)。鈴愛は、寝る間も惜しんで研究を続ける律を心配する。翌朝、鈴愛が出勤すると、律は徹夜で研究をしたのか、ソファーで寝ていた。朝日に照らされた寝顔を見ていた鈴愛は…

引用:NHK公式ウェブサイト

スポンサーリンク

律が寝ているスキに欲望を満たそうとするすずめ

※ここから先は個人的な感想です。

うわー。気色悪いもんを見てしもたわ…。
ひどい、ひどい。
やはり本作は最初の二週間で終われば良かった。ゾートロープの回が最終回ならば良かった。長生きはするもんじゃないね、あーヤダヤダ。

気色悪い妄想でしかないね

早朝のオフィス、律が寝てるのをいいことに、自分の欲望を少しでも満たそうとするすずめ。振られるのが怖いといいながら、ずっと狙ってたんだね。
いくら『キスだけだから』と言っても、挨拶としてのキスの習慣がないものにとっては性的な行為。それを相手に気づかれないうちにやってしまおうというのが、もう、すごく、汚らしいです。ソウルメイトだとかなんとか言い訳してたけど、結局コレですか。

気づいた律が意外にも拒否せず、すずめを抱き寄せるのも都合良すぎ。
極めつけは、突然ピーピー笛を吹いて
「りーつー」
「律の真ん中で律を呼ぶ。なんちって」

なにこれ!?悪ふざけを極めるとこうなるのかね。
律が犬を助けたシーンをプレイバックしたつもりかも知れんけど、面白くもなんともない。

「音は怖い。左が聞こえないから」
「音は怖く風は優しく。律はあったかい」

ああ、あざとくイヤらしい。都合のいいときだけ耳の障害を持ちだすのも、ポエムに酔いしれてるのも気分悪くて見てられない。幼稚な自己憐憫のかたまり。こんな色ボケ妄想シーンを、いかにも良い場面みたいに盛り上げて見せるなんてどういうことよ?

二人のやってることは仕事じゃない、ただの遊び

わたしは、すずめと律の扇風機開発のシーンが嫌いです。

大げさなジェスチャーを交えて扇風機のプレゼンテーションをする二人。
手をバタバタさせてドヤ顔のすずめ、声も喋り方も不快です。小さな違和感が半年かけて積み重なり、不快感になって固まってしまったので、もう元には戻らないだろうなぁ。すずめは

量産する工場がない
↓
そのため銀行がお金を貸してくれない
↓
だから研究開発資金がない

といってますが、コレまったくおかしな話。
成功するには、試作品を見て誰かが認めてくれないといけない。認められれば融資も受けられるし量産にもつながっていきます。

最初から、量産ありきで考えてるのが図々しいわ!
それなのに

「仕事という生き物は、お金を食べて生きていきます」
なんですと?! 
このナレーションで大きな勘違いが露呈したね。

仕事して誰かの役に立つからお金を貰えるんです。
一生懸命工夫して努力して誰かの役にたったら、何もないところからでも、お金は生まれるんです。

すずめと律がやってるのは「仕事」じゃないよ
誰にも認められないし役にもたってない。

ただの「遊び」です。
遊びは自分のお金を使ってやればいいし、お金が尽きたら終わりでしょ。

その他もろもろ、きりがない…

つまがり氏は、「ラーメンは塩でごまかしてるだけ。才能はないよ。あーあ俺ももう一度企画開発したいなぁ」と発言。これ、本ドラマ制作陣の心の声かもね。

つまがり氏のちょっとした表情が不愉快。無名の俳優さんは一杯いるんだから、俳優を本職にしてる人を起用してほしかったな。

正人くんは日曜にも関わらずオフィスでプレゼン聴衆。いつもいつも暇そうだけど今回は自分で「暇です」と言ったね。すずめと正人くんの会話はほんとうに長くてつまらないんだけど、律&すずめの研究シーンよりは、まだまし

バカすずめが訪れた埼玉の工場長が感じ悪いわ。
突然出てきた息子と「三流大学出た能無しを雇ってやった」「こんなチンケな工場」と罵り合いのケンカ。人を格付けしてバカにする姿勢は変わらないし、ひと騒動起こして視聴者の気を引こうとする姿勢も変わらないね。半分青いらしいわ。

「すまないね苦労かけて」「あんさん何をいうてまんねん」「一杯のかけそば的な。貧乏ながら頑張るみたいな」ってシーン、過去の他人の作品を小馬鹿にしてますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『半分、青い。9/18,19(火,水) 律が寝ているスキに欲望を満たそうとするすずめ』へのコメント

  1. 名前:太田育美 投稿日:2018/09/19(水) 23:27:59 ID:845735497 返信

    こんばんは。いつも見てます。
    私の思ってる事代弁してるみたいで気持ちいいです。
    今日は最悪。本当に気持ち悪い。
    朝日の中でステキにキレイに見せようとしてますが、40のおっさんとおばさんのキスシーン。脚本家はこれだけ見たかったのでは?
    アホらしい。なんか昔のトレンディドラマみたい。しかも笛をなんで吹く。

    • 名前:simizuy 投稿日:2018/09/20(木) 10:34:55 ID:165606639 返信

      ありがとうございます。普通のひとたちが素直に見て「気持ち悪い」と思うようなものを、朝ドラマで放映するとはNHKいったいどうなったんだろうって思います。

error: Content is protected !!