半分、青い。9/7,8(金,土) 起業に興味をもつ律に「やめとけ」と説得するすずめ

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

晴(松雪泰子)の見舞いのため、鈴愛(永野芽郁)は岐阜の実家に帰ってきた。そこで鈴愛は、商品開発を細々と続けていることを母に報告するが、親孝行になるような何かを作りたいと思う。同じころ東京では、鈴愛の留守の間に花野(山崎莉里那)を預かることになった律(佐藤健)と正人(中村倫也)が、津曲(有田哲平)たちがいるシェアオフィスを訪ねていた。そこで律は恵子(小西真奈美)に、起業することを提案される。

律(佐藤健)はシェアオフィスでの起業に興味を持ち、鈴愛(永野芽郁)や、他の起業家の仕事を見に来るようになった。多様な人々がそれぞれの目的で活動するシェアオフィスの雰囲気と、ものづくりの初心を思い出し、起業への思いを強める律。一方で鈴愛は、麦(麻生祐未)や恵子(小西真奈美)と話すうち、一人で起業をするのはリスクがあることを痛感する。ある日、起業に惹(ひ)かれると話す律に、鈴愛は本音を語りだし……。

引用:NHK公式ウェブサイト
スポンサーリンク

起業に興味をもつ律に「やめとけ」と説得するすずめ

※ここから先は個人的な感想です。

あの広い北海道の全部が、長時間停電するなんて想定外でした。
病院が長時間停電したらどうなるか…電子カルテ使えないと入院患者の投薬や検査どうすればいい?人工透析患者さんは透析できないと1週間くらいで命の危機。点滴も人工呼吸器も酸素吸入器も止まる、足のマッサージャも止まって血栓ができる。病院がそんな状態なのに、けが人がどんどん運び込まれてくるし物資は来ないし。

想像すればするほどゾッとします。
病院と官公庁や通信局などには、どんな場合でも電力の備蓄が充分あり優先的に供給できる仕組みを作らないとダメですね。

さて半分、青い。ですが、アホらしくて、まーかんわ。

律と正人の会話がダラダラ長すぎて

シェアオフィスのケイコちゃんに、「じゃー律君も起業すればいいじゃない」と軽く言われてその気になりかかる律は、帰宅して正人とビールを飲んでます。いつも暇やね、この人たちは。

・あのオフィス、窓が開くからいい。高層ビルはイヤだ
・商店街みたいのがいい
・そうそう。俺たち、団体行動苦手だからな
・律にあのオフィスを見せたくて、僕が仕込んだんだよ
・君には好きに生きて欲しい
・君には抜けがないスキがないけど、楽になるといいなと思ってたの

とまぁ、律の起業を正当化するために、理屈っぽくこじつけた軽い会話がダラダラ続きます。
長い!長すぎるわ!

あっさり律がその気にならないように、
・焦らないで律。迷ってる時間を楽しんで。
・迷うのが、人生の醍醐味だ

というのも、白けるなぁ。女子の会話をする男二人が気持ち悪い。

すずめに説得されてもなぁ…苦笑

やめとけ律。大変だ。うちはスケート代も出せない。叔母さんに出してもらってる。
と、ぶつ切りのすずめトーク、話を聞こうという気を萎えさせますな…。

菱松電気の年収をwebで見たからか?急に

・大企業を捨てる意味がわからん
・ひとりで起業するのは大変だ

とまともなことを言い出すすずめ。
すずめに言われてもなんの説得力もないね、ひとりで苦労してる様子はなかったしね。

すずめはさらに
・律は看板に守られていきてきた。看板なしで大丈夫か
・和子さんのことで夜も眠れん、弱い律が心配だ
・より子さんとやり直せんのか、養育費はどうする

と。これは完全に余計なお世話だし失礼。
いくら親しくても、大人の他人の男性に言うことではないんやない?

やはり、カニだけが気になる

すずめの帰省話もどうでもいい。

でも、カニの件だけは気になります。今日も三回出てきましたから。

①カノがシェアハウスでカニ釣りゲームを主催。

②病室の晴さんを見舞ったすずめが「カノはいま、カニ釣りをしてる」「あの子はいま、カニに夢中や。なんとかカニかまでごまかしとる」と言う。ああ晴さんに言ってしまいましたか…不吉な予感

③シェアオフィスで『美女攻略ゲーム』をする律が、画面に向かって「カニ食べます?」って言う。

過去の設定を忘れて進みがちな本作が、継続して『カニ』を扱うということは、カニが今後なにかキーワードになるような展開があるってことでしょうね。晴さんの、がん(cancer)を象徴してなければいいけど…。

カニにまつわるわたしの妄想は、こちらです↓

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。  ダイジェスト 草太(上村海成)からの電話で、晴(松雪泰子)の窮地を知った鈴愛(永野芽...

その他もろもろ

・麦さんとすずめの会話は、翔平さんのことばっかり。涼次の話題がひとつも出てこないのが不自然すぎる。この会話の目的は「ひとりは大変。弱い律のそばにはすずめがいるべき」だと導きたいからだろうね。

・より子さんの再婚話をする律、愛のなさがアリアリ。他人ごとのよう。でもこのエピソード必要なのかな?

・「お母ちゃんの手術は成功する100%」と壁に書くすずめ。成功率100%はありえないよ。「人はそのうち100%死ぬ」のは確かですけどね。無理矢理なポジティブシンキングは不安な心の現れでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!