半分、青い。8/21(火) 「律は親友?友達?」「何やろ…もっと特別や」とすずめは言うが

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

ぬいぐるみを使って花野(山崎莉里那)から店名を聞き出した鈴愛(永野芽郁)。同じ方法を使って五平餅カフェに来た人を楽しませたいと考える。そして、その声を病気療養中の和子(原田知世)にお願いしたいと律(佐藤健)に相談。和子だけでなく律を支えたいと思っている鈴愛は、律の頼みを受けて、日々の看病で気が沈みがちな弥一(谷原章介)を励ます方法を考える。そんな中、ふくろう商店街を、思いもかけない人物が再訪する。

引用:NHK公式ウェブサイト

スポンサーリンク

「律は親友?友達?」「何やろ…もっと特別や」とすずめは言うが

※ここから先は個人的な感想です。

なるほど~。すずめの声もボイスチェンジャーしてみたらどうかな。
二極に割れてしまっている周波数の高いほうをカットして、周波数特性グラフが自然な山形になるようにすれば、聞きやすくなるでしょう。

すずめはなぜ律を助けたい?

ささやき仮面・晴さんは、「ちょっと酒飲むか?」とすずめを誘いました。

ちなみに、わたしはすずめの両親ふたりとも好きじゃない。
晴さんはいつも眉間にシワを寄せて、すずめが心配や~耳のせいで何もできん~婚期が遅れる~と、ネガティブなことばかり言って子供の足を引っ張り、この子はもう~といつもたしなめる(フリだけね)けれども本気で叱ることがありません。いつまでも自分の手の中で生ぬるく転がしていたいのでしょう。

宇太郎さんはいつも、すずめは大丈夫や~なんとかなるやろ~。と明るく言いますが、前向きなのではありません、何も考えてないだけ、深く向き合うのが面倒だから逃げてるんでしょうね。本気ですずめを心配したことも叱ったこともない、無責任だな。

…それは置いといて、ささやき仮面・晴さんとすずめの会話。

すずめは「律を助けたい、少しでも。小さい頃から助けてもらってばっかりやった」というんですけど、どうも納得いきません。

たしかに、小学生のときは助けてもらってたな。
家では泣けないすずめを黙って泣かせてくれるという名場面もありました(遠い目)。

でも高校生時代は、もて方を教わったくらいしか記憶にないし、東京へいってからは、正人くんに振られたと泣いて慰めてもらったくらいしか…。律に世話になったというより、すずめがしょっちゅう律につきまとって迷惑をかけ、ついに突き放されたと思うんだけど。

なので、すずめが「律を助けたい、少しでも。小さい頃から助けてもらってばっかりやった」といっても、なーんかウソっぽい。やっぱり、つきまといたいから理由づけをしてるだけなんじゃないだろうか?

さらに「律の家庭もうまくいくとええと思ってる」らしいんだけど、これはウソですね。律をよその家庭のお父さんだと思ってないから、カノの世話をさせたり笛で呼び出させたりしてるんでしょ。

ということで、わたしは、すずめの律への思いに共感どころか、おおいに疑ってるんだけど、

「律は友達?親友?」
「何やろ…もっと特別や」
「そういうのは人生にあんまりないことや 大事にしなあかん」

というセリフで、強引にねじ伏せられました。
こういう関係もあるっていったらあるの!文句言うな!と言ってるんだろうね、脚本家さんは。

しかしなあ…すずめと律の関係こそ、このドラマの核心でしょ?
数々のエピソードを積み重ねて、丁寧に時間をかけて、視聴者に感じとってもらうのがドラマだと思うんですよ。強引なセリフでねじ伏せて、視聴率はいいんだ文句ないだろ!って言われてるようで…。

瞳さん再登場。キャラクタ一貫して好感

でも、今日は良いこともあった!

ひさしぶりに登場した瞳さん。サンバランド騒動のときはヘンな厚化粧をさせられて気の毒だったけど、今日は清楚でかわいい。

世話になった仙吉さんへの恩を忘れずに立ち寄ってくれたことも瞳さんらしい。サンバランド構想がぽしゃったとき、リゾート開発会社の社員がみんな帰ってしまったのに契約社員の瞳さんひとりでお詫びして回ってたんです。

この人に関してはキャラクタが一貫してるね。佐藤江梨子さんもいいね。

仙吉の遺影が動いて、廉子さんが「鼻の下伸ばして~」なんていう悪趣味な演出は、ないほうがよかった。やりすぎ。

仙吉さんの四十九日もまだなのに、喫茶店でミラーボールを回しバカ騒ぎをするおっさんたち。アホらしいですけど、佐藤江梨子さんがいたから許せるわ。

あとがき

しかし、和子さんは入院もしてないし、旅行もしようと思えばできそうだし、声優もやるらしい。少し体の弱い人くらいにしか見えず、もうすぐ亡くなると言われても全然ピンと来ないのですが。これも強引にねじ伏せられ。

弥一さんは、確かに外に出たほうがいいね。ただ電車に乗って車窓から景色みるだけでもね。それで悲しさ寂しさが減るわけじゃないけど、すこし俯瞰した精神状態になれると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!