半分、青い。8/9(木) すずめは律が好きだと楡野家全員の前で暴露するボクテ

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

裕子(清野菜名)とボクテ(志尊淳)が突然、岐阜にやってきた。かつてオフィスティンカーベルでしのぎを削った2人との再会に鈴愛(永野芽郁)は大喜び。晴(松雪泰子)ら楡野家のメンバーも歓迎し、茶の間で宴会が始まる。さらに律(佐藤健)も合流し、それぞれの近況報告に盛り上がる。ところが、飲めない酒を飲んで酔っ払ったボクテが、夏虫駅で鈴愛が律からのプロポーズを断ったときの真相を律に伝えたいといい始め…

引用:NHK公式ウェブサイト

スポンサーリンク

すずめは律が好きだと楡野家全員の前で暴露するボクテ

※ここから先は個人的な感想です。

・夏虫の駅で律のプロポースをすずめが断ったのは、
「オフィスティンカーベルをいま辞めるわけにはいかん」という意味だった
・すずめは律が好きだ

これを言いたかっただけでしょう?
お得意のナレーションだったら、10秒で終わることです。

これを知るために、
ボクテと裕子は、仕事も家庭も放り出して岐阜の楡野家に集合し、
楡野家の親は食堂を臨時休業にして二人を歓待し、
草太はボクテにサインをもらいに茶の間に来て、
酒を飲めないボクテが酔っぱらい、いきなり非常識な人間になり、
和子さんが病気になり律が看病のため岐阜の実家にいたうえ、楡野家に呼び出され、
寝ていたカンちゃんが尿意を催し起きてきたというわけね。

くだらない、つまらない、しょうもない、バカバカしい、虚しい。悪い意味でね。

もう、気持ちが悪いことばっかり。

つくし食堂臨時休業なんてお客さんに失礼でしょ!
2,3日前に行列ができているところを見せたばっかりなのに、その設定無視ですか。

すずめが既婚者の幼馴染に執着していることが明るみになって、すずめの親や祖父が「略奪愛か」「不倫化か」と茶化す。

気持ち悪いです。禍々しいです。

オープニングテーマ曲

星野源のオープニングテーマ曲がこのドラマと全然あっておらず、聞くたびにうんざりとイヤな気分になるんですよね。星野さんには何の責任もないんだけどね。

だったら、いったいどんな曲がこのドラマにふさわしいか? を、ずっと考えてきました。
その結果、やはり すずめが好きだと言っていたアマチュアバンド「マサ子さん」のこの曲しかないような気がします。

モノ好きな方はちょっと聴いてみてください(おすすめはしないです)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!