半分、青い。8/6(月) なにがあったのか報告も説明もせず、さっそく飲みに行ったすずめ

※ネタバレ含んでいます。ご注意ください。

 ダイジェスト

涼次(間宮祥太朗)と離婚し、花野(山崎莉里那)を連れて岐阜に戻った鈴愛(永野芽郁)。早速、菜生(奈緒)を喫茶・ともしびに呼び出し、久しぶりの再会を果たす。そこにブッチャー(矢本悠馬)と律(佐藤健)が現れ、かつてのふくろう会が揃う。大阪にいるはずの律が地元にいる理由を知らない鈴愛は、律も離婚して実家に戻ってきたと早合点。自らの境遇を打ち明けるとともに、律からプロポーズされた夜のことを語りだし…

引用:NHK公式ウェブサイト

スポンサーリンク

なにがあったのか報告も説明もせず、さっそく飲みに行ったすずめ

※ここから先は個人的な感想です。

このドラマは、まともに見るもんじゃないなと今日も痛感。

作者は、すずめを、ここまでひどいヒロインにするつもりはなかったに違いない。
公式ウェブサイトにかかれているとおり「ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインがチャレンジ」する物語のつもりだったんだろう。欠点はあるけど明るくて愛嬌のある女性の姿が、この文章から伝わってきます。

ここまで散漫で魅力のない物語になり、すずめが視聴者に本気で不快感を与えるのは、制作に失敗したからでしょう。ほんらい意図したようには作れなかったんでしょう。

身勝手で自己中心的なヒロインでも別にいいんです。犯罪者を主人公にしたドラマだってあるんだから。その人なりの思考回路がちゃんとあり、切実かつ必然的な行動をしてるのだとわかるような描写があれば視聴者を納得させられたかも知れないのに、受け狙いや悪ふざけに走ってすずめの自己中が描ききれずに失敗したんだと思います。

NHKのドラマ制作班の人たちは、プロですし優秀な人たちですから、どこに失敗の原因があったのか、なんでこうなったのか、分かっているはず。

わたしが言いたいのは、失敗の原因を分析して、必ず今後に生かしてくださいということだけ。なぜ朝ドラマは駄作続きなのか、絶対に原因があるはず。そこをちゃんと分析して反省してほしい。同じことは繰り返さないで。

さて、意図したことが実現できなかった作品をを見てアレコレ考えても意見を言っても、なんの意味もないような気がするのですよ。失敗作は放映しないで欲しい、それだけです。むなしい。でも一応書きます。

・離婚したことを実家に報告もせず、連絡もなしにいきなり帰ってくるすずめ。帰宅後も家族への報告を放置して友達と飲みにいく非常識さにあきれました。二人が住む部屋はあるのか生活費はどうするのか、現実問題を全部すっとばしたせい。

・娘の離婚という深刻な出来事に対して、他人事のようにお気楽な楡野家の人々にあきれました。いくらおちゃらけて見せられても楽しくないです。

・娘本人から離婚について説明されず、孫の発言や婿の叔母さんとの電話で始めて知るすずめの親たち。不自然で非常識なことを平気で押し通すドラマ

・ささやき仮面・晴さんとすずめの「母娘の会話」。感動シーンにしたいのでしょうが、まっさきに母娘がするはずの話題をすっとばしたせいで、無理無駄なシーンに。

・張り付いた笑顔でずっとはしゃいでるカンちゃんに、あきれました。中国獅子舞の『大頭頭』の道化芝居みたい。どこか情緒がおかしい子のように写ります。

以上。

P.S. 童謡「ふるさと」がこんなに薄っぺらく汚らしく聞こえたのは始めて。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!