わろてんか(放映前) 大阪編の出演者

「ひよっこ」の後、2017年10月より放映される連続テレビ小説 第97作『わろてんか』について。
うっかりしていましたが、『大阪編』の出演者もとっくに発表になっていたようです。
NHKドラマ公式ウェブサイトより、あらすじと出演者を引用しますね。

大阪編について

大阪編はこんなお話:
運命的な恋に落ちたてんと藤吉が京都を出て一緒に向かった先は、大阪船場の老舗米問屋「北村屋」。てんとの結婚を認めてもらおうと店に戻ってきた藤吉だったが、母・啄子(つえこ)からある人を紹介されて面食らう。楓(かえで)という名のその女性はなんと、啄子が決めた藤吉の許婚(いいなずけ)だというではないか。藤吉の妻になろうと大阪まで付いて来たてんは大きなショックを受けてしまう。許嫁の楓との結婚を承諾しない藤吉に、母・啄子は楓とてん、どちらが北村屋の嫁にふさわしいか競わせて決着すると宣言する。この日から、てんの一発逆転を賭けた北村屋での厳しい修業が幕を開けるのである。さらに、北村屋の危機を救おうとした藤吉が大失敗して店を傾かせてしまう事態に・・・。その時、てんが決意した。
「藤吉さんが好きな笑いを、商売にしてみませんか?」
その一言から、素人同然の若夫婦が大阪のみならず日本中の人を笑わせるべく、寄席や芸人たちの世界に飛び込んで、二人三脚の大冒険を始めます!
大阪編で新たに登場する人々:
藤吉の母 北村啄子(つえこ)…鈴木京香
秦野リリコ…広瀬アリス
キース…大野拓朗
アサリ…前野朋哉
万丈目吉蔵…藤井隆
万丈目歌子…枝元萌
寺ギン…兵動大樹
これで、京都編、大阪編の出演者がほとんどわかりました。
私がもっとも期待する役柄は、藤吉のお母さんの、北村啄子です。
北村啄子とはどんな人物かといいますと、これも公式ウェブサイトに書かれています。
大阪船場の老舗米問屋「北村屋」のご寮さん(ごりょんさん)。夫亡き後、女手一つで店を切り盛りし二人の子供を育ててきた、まさにゴッドマザーである。150年続いてきた北村屋の暖簾(のれん)に誇りを持ち、息子の藤吉が店を継いでくれることを何よりも望んでいる。
突然藤吉が連れてきたてんのことを当初は目の敵にして、何かと厳しく接するが、そのスパルタ修業に食らいつくてんに図らずも商売のいろはを教え込むことになる。
スポンサーリンク

大阪のごりょんさんを演じるのは鈴木京香さん

古い時代の大阪の老舗のごりょんさんで、若い主人公に商売のいろはをたたき込むという、これは大変に重要な役柄だと思います。

演じるのは、鈴木京香さん。
大阪のゴッドマザーにしては、ちょっと美人すぎるような気もしますが、貫禄もありますし、意外とお母ちゃんらしい雰囲気も持っておられると思います。

心配な点はただひとつ。やはり「大阪ことば」を扱いきれるか?ということ。

これは見てみないとわかりません。
まったく想像はつきませんが、どんな大店のごりょんさんを見せてもらえるでしょうか。楽しみにしています。

もし、ごりょんさんを演じるのが鈴木京香さんでなく、大阪弁ネイティブの人だったら、誰がいいだろうか?と、勝手な妄想をしてみました。

私の頭に浮かんだのは、萬田久子さん!
キセルの灰をびしっと落としながら、
「あきまへん」
とひと言、決めてもらいたいです。

そして、ごりょんさん付の女中には、
天才喜劇役者 藤山寛美の娘、藤山直美さん!

この二人が共演なら、どんなに気持ちよく笑えることか。
ありありと目に浮かびます。

私の勝手な妄想はおいといて。

…..あらすじを読んでもワクワクをまったく感じないのは、なぜでしょうか(笑)
杞憂にすぎなければいいのですが。

「ひよっこ」も、全然期待していなかったのに、思いのほか良かったので…
「わろてんか」も、先入観なしで、まずは見てみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!