ひよっこ 8/3(木) 世津子から夫を引き取る美代子

ダイジェスト

世津子の家の玄関。

みね子と美代子、世津子が対面した。三人とも、悲痛な面持ちである。

「遠いところを申し訳ありません」
「谷田部です、お邪魔いたします」
「どうぞ」

美代子と実の対面

居間では、実が窓際に立っていた。
実は、居間にはいってきた美代子に軽く会釈をする。

「分かりませんか?美代子です」
「…申し訳ありません。」
実の態度は、初めて会った知らない人に対するものでしかなかった。

美代子は落胆する。
「ああ、本当なんだ….」
「ごめんなさい」

谷田部家の妻として

四人はテーブルに着き、世津子が静かにお茶を運んできた。
美代子の正面に実が座ったが、美代子は、自分の洋服のほころびにいらだっている。

(お母ちゃんは、洋服のほころびが嫌で仕方ないんだ。大したほころびでもないのに。それが悔しいお母ちゃんの気持ちなんだ)

美代子が口を開いた。
「谷田部家として、実の妻として、まずはお礼を申し上げます。夫を助けていただき、ありがとうございました。感謝いたします」

世津子は、礼を言われて少し驚いた。

「今日は夫を引き取りに参りました」
「はい」
「でも、どうしても私は分かりません。なぜ二年以上もそのまま?あなたが病院や警察に届け出てくれたら、もっと早く私たち家族のもとに戻れたのではないでしょうか」
「おっしゃるとおりです」

美代子の怒り

美代子が怒りを爆発させた。
「だったらなぜ?この二年半、私たちがどんな思いで生きてきたか、わかりますか!」

美代子は家族写真を取り出して世津子に見せた。
「これが私たち家族です」
「この人に家族はないのだろうかと、考えもしませんでしたか?」

実はただ、黙っている。

美代子は立ち上がり、みね子の肩に手をおいた。
「この子は、いなくなった父の代わりに仕送りするため東京に来ました。この子がどんな気持ちで働いていたか。その仕送りをどんな気持ちで、私たちがうけとっていたか…」

美代子は涙声になっていた。

世津子の告白

「…..あの、それは私が」
と実が言いかけたのを制して、世津子が話し始めた。

「出て行って欲しくなかったんです」
「いつかはそうしなければと思いながら、そのままに…お詫びのしようもありません」
「この人は谷田部実さんという人かもしれない。でもここに来てからは、名前のない人でした。雨の日に出会ったので雨男さんと呼んでいました」

「生きてきて初めて、家に早く帰りたいと思った。そんな時間でした。でも、やはり許される事ではありません。偶然みね子さんと知り合ったのも、そういうことだと思います」
「今日まで本当に申し訳ありませんでした」

世津子は、頭を下げて深くわびた。

実を連れ帰る美代子

「….分かりました。こちらこそ、今日までありがとうございました」

美代子は立ち上がり、帰ろうとする。

「失礼いたします。実さん帰りましょう」
「あの、ちょっと待ってください。すこし話を…」

実が世津子に何か言いたそうにしたが、
「その必要はありません」
と世津子はいい、小さなボストンバッグを持ってきて実に手渡した。

「もう二度とお会いすることはないと思います。谷田部さん」
世津子は目を伏せて実を突き放した。

実は、頭を下げて部屋を出て行った。
ドアの閉まる音が、世津子ひとりが残された部屋に響いた。

世津子のマンションの外。
美代子が前を歩き、みね子がついていく。
その後を、実が歩いている。

(誰も何もしゃべりません。私たちはこれからどうなるのでしょうか)

感想

美代子さん頑張りましたね!
りっぱな対応でしたよ、完璧です。

恩人に対してちゃんと礼を尽くした上で、怒り、悲しさもきちんと、ストレートに伝えました。

近頃は、何でもやたらに「…させていただきます」という口調が蔓延しています。「させていただきます症候群」 ですね。

×「拝見させていただきます」 (『拝見』じたいが謙譲を表す言葉なので、『拝見します』 で良い)
×「今朝、歯磨きをさせていただきました」(他人の了承を得て、歯磨きするんかい)

とにかく「させていただきます」を付ければ、クレームは来ない、とでも思っているのでしょうか。私は、この口調がとても嫌いなのでね。

美代子さんのストレートな感情表現が気持ちよかったです。

おっと脱線しました。

スポンサーリンク

早急すぎる美代子

美代子さんの態度は立派でしたし、世津子さんも良識のある人で良かった。これで、いままでの家族の思い(視聴者の思いも)は、少し昇華したかもしれません。

しかし今回は、つっこみどころも沢山あります。
美代子さんは一刻も早く、夫を連れて帰りたいでしょうが、記憶をなくした実さんにとっては、初めて会う人について、知らない所へ行くのは不安でしかないのでは?

会って15分で、連れて帰るのはちょっと急ぎすぎでは。
もっと、時間をかけて慣れるのを待ってあげたら?

さらに言うと、いきなり連れて帰ってよいのでしょうか?
第三者(警察)の立ち会いが必要なのでは…

実さんは、記憶を無くすくらいのダメージを受けたのですから、人格が変わったり、情緒不安定になったりしていてもおかしくないと思うのですが、なぜか、記憶だけがなく、その他は正常みたいですね。

とにかく、実さんをもっと大事に扱って欲しいです。
もっと色々話しをして、手を握るなどもして、時間をかけて欲しいです。
これからそうするのかな?

また、世津子さんの家の雰囲気がちょっと変だなぁ。
なぜかいつも薄暗く、照明もついていないような感じです。
大女優さんの家なのに。お手伝いさんくらい、いないのでしょうか?

だから実さんも発覚しなかった、ということですか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!