ひよっこ 8/17(木) 由香・みね子・時子・早苗の飲み会

ダイジェスト

由香がみね子を引っ張って月時計へ

すずふり亭裏庭。

由香は、軽口を叩きながらみね子の側に来て言う。
「あのさ、私のこと忘れてない?」
「別に忘れてるってことは…特に思い出しもしなかったけど」
「それを忘れてるというんだよ」と、不満そうである。

「だったら何なんですか」
「ちょっと行こう」由香がみね子の手をひっぱるが、みね子は抵抗する。
「お願い、話がしたいの、あんたと」

「え?」みね子は由香に手を引っ張られていった。

みね子と島谷の件を蒸し返す由香

バー月時計。

由香はピンク色のカクテルを飲んでいる。
みね子はお酒はあんまり好きじゃないので、コーラである。

「聞いたよ、お父さんのこと。色々大変なんだね、あんたも」と突然由香がいった。
みね子はちょっとムッとして、誰から聞いたのかと聞くと、和菓子屋のヤスハルだという。
「ヤスハルはおしゃべりだから」

ちょうどそのヤスハルが、ギターを持って月時計の入り口に立っており、店内の会話を聞いている。朝ドラ名物の立ち聞きである。

「ヤスハルはイイ奴だ」と由香が話しているが、その会話に限ってヤスハルには聞こえていない。

由香は、みね子と島谷の件について不満があるらしい。
そもそも、まず私が、島谷と彼のお父さんの会話を喫茶店で聞いていて、みね子に教えてあげたのだ。
その後も気になっていて、たぶんみね子が捨てられると予想してたのに、男のほうが家を捨てるといってみね子が断ったとは意外だった。みね子は、その後どうなったか私に報告をするのが筋ではないか。という。

犬を観客に歌うヤスハル

「はぁ!?何ですかそれ。だって連絡先もしらないし」とみね子が言うと、由香は「..そうか…ヤスハルに聞けばいいでしょ。ヤスハルに」と、またヤスハルに頼っている。

そのヤスハルは、月時計の前庭で、犬を観客にギターを弾き『バラが咲いた』を歌っている。

そのころ、あかね荘の階段では、
時子がひどく怒りながら帰宅してきたが、早苗の姿をみて「なんかほっとした」と言う。
早苗は「えっ?自分は、人をほっとさせるような人間ではないと思われるが」と不思議に思いながらも、二人は月時計に飲みに行くことにした。

バー月時計、
時子と早苗が店に入ってきた。
二人は由香とは初対面で、食い逃げ娘・悪い仲間と騒いでいた子ということくらいしか知らない。

由香は、喫茶店での支払いをみね子に押しつけたことをヤスハルに怒られたから、もうしないという。またヤスハルだ。

時子・早苗・みね子・由香の4人会議

月時計では、早苗がその場を仕切り始めた。
それぞれの抱えている問題について、深刻度の小さいものから順番に進めていこうという。

  1. 時子がぶちまけたらスッキリする程度の問題
  2. みね子の島谷問題
  3. 由香の生き方問題

由香は初対面の早苗のトゲトゲした口調にむっとするが「怒ってる訳じゃないから、慣れなさい」とみね子に諭され、素直に頷いている。

さて、早苗の司会進行で話が始まった。

①時子の件

時代劇の撮影で町娘役をもらい、サイズがちょっと小さいけど着物を着せてもらって嬉しかった。
でも、撮影が始まったとたんにカットの声がかかり、
「おい!江戸時代にこんなでかい町娘がいるはずないだろう。電信柱じゃないんだから」と監督がいい、私、そのまま帰らされたんだよ!!

えーっひどいな。由香も怒っている。
「それでさっき、私をみて安心したのか~」と早苗。
時子と早苗は、私たちは江戸時代にはいない人物なんだ!と盛り上がっている。

あかね荘の怪異

あかね荘、愛子の部屋。

愛子は寝ながら「バラが咲いた」を歌っている。
突然、廊下で物音がした。

ガタン!ギギギギ

愛子は上着を羽織って、ドアの所まで行き聞き耳を立てた。

ギギギ…
ドンドン!ガターン!

ドアにぶつかる音がし、磨りガラスの向こうにボンヤリと大きな顔が見えているが、誰だかはわからない。

スポンサーリンク

感想

このドラマは会話が面白いのですが、今日もみなさんの個性が良く出ていて楽しかったな。

早苗さん面白い

早苗さんが決めた話題の順番、あれは適切だと思います(笑)。
早苗さんは無神経な人じゃないから、みね子のお父さん問題はちゃんと除外してるのね。

最初の話で時子がストレス発散できて場も暖まる。「島谷問題」は完全に終わった恋の話だから女子の飲み会にピッタリだし、最後は、なかなか自分のことを言い出せない・でも聞いて欲しいオーラいっぱいの由香。

早苗さんは、クールですからね。
相手の気持ちに配慮なくズバッとストレートにものを言うので、怖がられたりムッとされたりする。まぁ言い方が悪いだけなんだけど。確かに、お見合いの席で先方さんに気にいられるタイプではなさそう(笑)。

自分のことを『他人に安心感を与える人物ではない』と分析しながら卑屈にもならず、裏表もなくサッパリした気性なので、私は好きなんです。

ただ、会社では苦労してるだろうなー。
丸の内のOLさんって、あの時代の女性の憧れの仕事ですけど、全面的に男社会だったと思いますし。

ヤスハルはどんな人?

ヤスハルがどんな人なのか、あまり解っていません。
基本的な情報としては

  • 和菓子屋の息子でいつも親子げんかしているが、父と血はつながっていない。
  • 甘いものがキライ
  • 実は、父のことをかなり好きである。
  • 由香と幼なじみで、由香の理解者

くらいしか明らかにされていません。

しかし私は知っている!(笑)
ヤスハルはビートルズのファンです。

ビートルズが来日すると世間が騒いでいた頃。すずふり亭の人たちやご近所さんは誰もビートルズに興味がなく、ただうるさい音楽だ、というくらいにしか思ってなかったのです。

しかし、ヤスハルだけは目を輝かせて何かを語ろうとしていました。
それなのにスルーされてしまい、発言はありませんでした。残念。

また別の場面では、ヤスハルは、ギターで『A hard day’s night』のイントロをバーンと弾いて嬉しそうにしてましたから。もうビートルズファンに間違いありません。

今日は月時計の前でギターを弾いてました。素人っぽく歌う演技をしていたようですが、ほんとうはもっと歌える人でしょうね。

どうも、ヤスハル君本人の言葉、なかなか聞く機会がないねぇ。
由香の話に出てきたり、ご近所のできごとの中、隅っこにちょっと登場したりする姿から想像するしかない人なのでした(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!